報道発表資料

平成30年6月15日
地球環境
この記事を印刷

環境省のRE100参画申込みについて

 環境省は、企業が遅くとも2050年までに再エネ100%を達成することを表明するグローバルな取組であるRE100に賛同し、本日、中川大臣が、RE100の運営団体であるThe Climate Group RE100代表Sam Kimmins氏と面会して、環境省としてのRE100への参画の申込書を手交しましたので、報告いたします。

 国際イニシアチブ「RE100」は、グローバル企業の再生可能エネルギーの導入拡大を進める取組であり、遅くとも2050年までに再エネ100%を達成することを要件とし、2030年や2040年の中間目標の設定を推奨するなど、長期的な目標としての再エネ100%を宣言することを想定したイニシアチブです。

 環境省としては、エネルギーを使う需要側から積極的に再エネを選択する目標を掲げるRE100の取組は、再エネの導入拡大の有効なアプローチであると認識しており、脱炭素社会の実現に向けた環境省自らの率先行動の一環として、RE100に賛同しております。本日、中川大臣が、RE100の運営団体であるThe Climate Group RE100代表Sam Kimmins氏と面会し、その旨をお伝えして、環境省としての参画の申込書を手交しました。

 今後、環境省の庁舎・施設の電力消費における再エネ比率をどのようにして向上させていくのか具体的な方法を検討し、実行してまいります。RE100への参画を目指している外務省をはじめ、関係省庁や関係者と連携しつつ、我が国全体で再エネの導入拡大が進むよう、施策に取り組んでまいります。

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
直通 03-5521-8249
課長   松澤 裕  (内線6736)
課長補佐 飯野 暁  (内線6721)
課長補佐 中村 南  (内線6790)

環境省大臣官房会計課
直通 03-5521-8220
課長   大森 恵子 (内線6160)
課長補佐 金子 浩二 (内線6035)

環境省大臣官房環境経済課
直通 03-5521-8229
課長   奥山 祐矢 (内線6260)
課長補佐 荒木 肇  (内線6294)

ページ先頭へ