報道発表資料

平成30年5月22日
大気環境
この記事を印刷

特定工場における公害防止組織の整備に関する法律施行令の一部を改正する政令の閣議決定について

「特定工場における公害防止組織の整備に関する法律施行令の一部を改正する政令」が、本日閣議決定されましたので、お知らせします。

1.公害防止管理者制度の概要

 大気汚染防止法、水質汚濁防止法等の公害規制を遵守し、産業公害の防止に万全を期すため、一定の条件を有する工場には、公害防止管理者(及び公害防止主任管理者)を選任することが義務づけられています。公害防止管理者等は、国家試験(公害防止管理者試験、公害防止主任管理者試験)の合格者等を有資格者とする国家資格です。

2.本政令の概要

公害防止管理者試験及び公害防止主任管理者試験の受験手数料の額を改定するものです。

国家試験の区分

現行

改正後

公害防止主任管理者試験、公害防止管理者試験(大気関係第一種及び第三種、水質関係第一種及び第三種並びにダイオキシン類に係る区分)

6,800円

8,700円

公害防止管理者試験(大気関係第二種及び第四種、水質関係第二種及び第四種、騒音・振動、一般粉じん並びに特定粉じんに係る区分)

6,400円

8,200円

3.今後の予定

 公布:平成30年525日(金)

 施行:平成30年525日(金)

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局総務課
直通 03-5521-8310
代表 03-3581-3351
課長事務取扱 早水 輝好(内線6518)
課長補佐   杉井 威夫(内線6512)
担当     大高 英澄(内線6582)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ