報道発表資料

平成30年5月7日
地球環境
この記事を印刷

平成30年度 フロン排出抑制法に関する説明会の開催について

 主に業務用冷凍空調機器の管理者を対象に、フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(以下「フロン排出抑制法」という。)に関する説明会を全国計7箇所で開催し、同法に基づき管理者が守るべき事項(フロン類算定漏えい量報告・公表制度等)の周知徹底、漏えい防止対策によるメリット等の普及啓発を図ります。

1.説明会の目的

 平成27年4月に施行されたフロン排出抑制法においては、業務用冷凍空調機器のユーザー(管理者)が実施すべき事項として、機器の適切な場所への設置、機器の点検の実施、点検等の履歴の保存、フロン類の漏えい量を計算し一定量以上は国に報告、行程管理制度に則った適切な機器廃棄等が義務付けられています。

 本説明会では、管理者に係る事項を中心にフロン排出抑制法全般に関する説明を行います。特に、毎年7月末日が報告期限となっているフロン類算定漏えい量報告・公表制度については、平成29年度分の算定・報告方法や、平成28年度実績の集計結果から拡充された公表方法、公表結果の分析等についても併せて説明します。その他、フロン類の漏えい防止対策によるメリット等の普及啓発を図ります。

2.説明会の内容

  • フロンを取り巻く動向とフロン排出抑制法の概要
    (業務用冷凍空調機器の管理者等の法対象事業者が取り組むべき事項・義務等)
  • フロン類算定漏えい量報告・公表制度について
    ・平成29年度分の算定・報告方法
    ・集計結果の分析並びに活用方法
  • フロン類漏えい防止対策と省エネ対策のポイント
  • 管理者の冷媒フロン類排出抑制対策の取組状況
  • 質疑応答

3.申込要領

(1)参加費 無料

(2)主な対象者 業務用冷凍空調機器(第一種特定製品)の管理者等

(3)会場・日程 別紙のとおり。

(4)申込ウェブサイト(申込フォーム)  http://www.mri.co.jp/semifuron201805/

(5)問い合わせ (株)三菱総合研究所「フロン排出抑制法説明会 事務局」

   TEL 03-6705-6143(土日祝を除く9:30~12:00及び13:00~17:00)

   メール furon-helpdesk@mri.co.jp

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課フロン対策室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8329
室長 馬場 康弘 (内線6750)
補佐 池松 達人 (内線6751)
係長 鳥居 ほのか(内線6752)
担当 塚越 詩織 (内線7779)

関連情報

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ