報道発表資料

平成30年5月7日
自然環境
この記事を印刷

平成30年度温泉熱の有効活用に関する実現可能性調査に係る公募について

環境省は、温泉熱の有効活用の普及促進を図るため、温泉熱有効活用のためのガイドラインを作成することとしております。今般、株式会社総合設備コンサルタントが本ガイドライン作成の一環として、温泉熱利用の効果的な導入モデルの検証を目的とした実現可能性調査を実施する温泉地等の公募を開始しましたのでお知らせします。

1.事業概要

温泉熱有効活用のためのガイドライン作成の一環として、温泉熱利用の効果的な導入モデルの検証のため、公募により選定された温泉地等における温泉熱の有効活用(給湯、暖房、温泉の加温等に係る設備導入)の実現可能性について、主に株式会社総合設備コンサルタントによるシミュレーションを中心とした調査・検討を実施します。

2.公募実施期間

平成30年5月7日(月)から5月31日(木)17:00必着

3.公募方法の詳細

公募方法の詳細は、株式会社総合設備コンサルタントのホームページをご覧ください。

 U R L :http://www.socon.co.jp/onsen_koubo

 

4.問い合わせ先

事務局:株式会社総合設備コンサルタント

エネルギーコンサルティング推進室 三毛、浮田、澤田

〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷1-34-14宝ビル

(TEL)03-5453-3057 

(FAX)03-5453-3062 

(E-mail)onsen@socon.co.jp

連絡先
環境省
ページ先頭へ