報道発表資料

平成30年5月7日
自然環境
この記事を印刷

第72回愛鳥週間「全国野鳥保護のつどい」について

 愛鳥週間(毎年5月10日から16日までの一週間)の中心的行事として、5月13日(日)に京王プラザホテル(東京都新宿区)におきまして、常陸宮殿下((公財)日本鳥類保護連盟総裁)の御臨席の下、「全国野鳥保護のつどい」が開催されます。

 「全国野鳥保護のつどい」においては、野生生物保護功労者として次の個人及び団体に(公財)日本鳥類保護連盟総裁賞、環境大臣賞等が授与されます。

(公財)日本鳥類保護連盟総裁賞 内山(うちやま) (はる)()(千葉県)

環境大臣賞          板垣(いたがき) (とおる)(新潟県)

(やま)(ざき) 美枝子(みえこ)(新潟県)

内藤(ないとう) 順一(じゅんいち)(広島県)

中原(なかはら) 正登(まさと)(佐賀県)

学校(がっこう)法人(ほうじん)鈴鹿(すずか)(きょう)(えい)学園(がくえん)鈴鹿(すずか)高等学校(こうとうがっこう)(三重県)

大同(だいどう)特殊(とくしゅ)こう)株式(かぶしき)会社(がいしゃ)(愛知県)

環境省自然環境局長賞     成田(なりた) (あきら)(青森県)

鈴木(すずき) 健司(けんじ)(静岡県)

(たか)() (ひろし)(大阪府)

日本(にほん)野鳥(やちょう)(かい)宮城県(みやぎけん)支部(しぶ)(宮城県)

名古屋(なごや)鳥類(ちょうるい)調査会(ちょうさかい)(愛知県)

株式(かぶしき)会社(がいしゃ)とかしき(沖縄県)

概 要

 愛鳥週間は、野鳥を保護し愛鳥思想を広く国民に普及するため、昭和22年4月10日に「バードデーの集い」(現、(公財)日本鳥類保護連盟(以下「連盟」)主催)として始まりました。その後、昭和25年に毎年5月10日から16日の1週間を「愛鳥週間」と定め、現在まで続いています。

 愛鳥週間の中核行事である「全国野鳥保護のつどい」は、昭和36年から連盟の主催で、昭和43年から連盟と開催県の共催で、昭和47年からは環境省(当時環境庁(昭和47年設置))、連盟及び開催県の共催で行われ、今日に至っています。

 1.第72回愛鳥週間「全国野鳥保護のつどい」記念式典

 (1)主催 環境省、 (公財)日本鳥類保護連盟

 (2)後援 文部科学省、林野庁

 (3)日時 平成30年5月13日(日) 11:00~12:00

 (4)会場 京王プラザホテル本館4階 「花」(東京都新宿区西新宿2-2-1)

 (5)記念式典

   ①主催者挨拶・・・・環境大臣、(公財)日本鳥類保護連盟会長

   ②表彰(野生生物保護功労者)・・・(公財)日本鳥類保護連盟総裁賞、環境大臣賞、自然環境局長賞等                 

   ③イベント(活動発表等)

 (6)出席者数 約120名

  受賞者、関係省庁、関係行政機関、自然保護団体、関係小中学校、ほか

 2.関連行事

 愛鳥パーティー(平成30年5月13日(日)13:00~14:00)

 主催  (公財)日本鳥類保護連盟

 会場  京王プラザホテル南館4階 「錦」

 出席者 環境大臣、(公財)日本鳥類保護連盟会長、受賞者、発表者ほか約120名   

 東京港野鳥公園における野鳥観察(平成30年5月13日(日)14:30~15:40)

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課
直通 03-5521-8282
代表 03-3581-3351
課長   堀上 勝 (内6460)
課長補佐 安西 正浩(内6461)
担当   小笠原寿美(内6467)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ