報道発表資料

平成30年4月26日
廃棄物
この記事を印刷

平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(地域循環圏・エコタウン低炭素化促進事業)の公募について

環境省では、地域循環圏の形成に取り組む地方公共団体を対象に、地域資源の循環利用及び低炭素化に資するモデル的な取組を進めるための実現可能性調査(F/S)を支援する「地域循環圏・エコタウン低炭素化促進事業」を実施しています。
当該事業の補助事業者(執行団体)である公益財団法人 廃棄物・3R研究財団において、今年度分の公募を開始することとなりましたのでお知らせします。

1.事業の概要

  「地域循環圏・エコタウン低炭素化促進事業」は、地域資源の循環利用及び低炭素化に資する取組を促進することによって、地域における3Rの推進とエネルギー起源二酸化炭素の排出抑制を同時に推進することを目的としています。

  取組に向けた実現可能性調査(F/S)実施費用について、定額(上限2,000万円)を補助します。

2.公募する補助対象事業

  公募する補助対象事業は、地方公共団体が実施する、以下に示す事業です。

  低炭素化に貢献する地域循環圏の構築に向け、各地域の既存リソース(農林水産業を含む産業、技術、人的資源、社会関係資本等)を駆使しつつ資源利用効率の改善・循環システムの効率化等を進める構想の実現可能性調査を実施するとともに、その構想の内容を当該地方公共団体の地球温暖化対策地方公共団体実行計画、一般廃棄物処理計画又は環境基本計画等に位置付ける事業

3.公募実施期間

  平成30年4月26日(木)~6月1日(金) 17時必着

4.公募の詳細

  公募の詳細については、公益財団法人 廃棄物・3R研究財団の下記ウェブサイト(公募URL)を御参照下さい。

  公募について

  https://www.jwrf.or.jp/subsidiary/consulting_ecotown/current/about.html

  なお、公募実施期間中に、全国3か所において開催する公募説明会については、下記ウェブサイトにて御確認下さい。

  説明会について

  https://www.jwrf.or.jp/subsidiary/consulting_ecotown/current/session.html

5.問合せ先

  公益財団法人 廃棄物・3R研究財団(http://www.jwrf.or.jp/)

  事業支援部(担当 足立原、浅野、河村)

  住所 〒130-0026 東京都墨田区両国3-25-5 JEI両国ビル8階

  TEL  03-6659-6025   FAX  03-6659-6026

連絡先
環境省環境再生・資源循環局総務課リサイクル推進室
室長   小笠原 靖 (内線6831)
室長補佐 髙林 祐也 (内線6824)
担当   中根 大輔 (内線6804)
担当   高橋 陽平 (内線7863)

ページ先頭へ