報道発表資料

平成30年3月29日
総合政策
この記事を印刷

「環境 人づくり企業大賞2017」の受賞企業の決定について

自社社員を環境人材に育成する取組を行う企業を表彰する「環境 人づくり企業大賞2017」について、有識者による審査を経て、受賞企業が決定されましたので、お知らせします。

「環境 人づくり企業大賞」は、「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律」第22条の2第2項に基づく表彰であり、地球環境と調和した企業経営の必要性を認識し、その実現のため自ら進んで行動する人材(環境人材)を育成する企業(注)を奨励するもので、今回が4回目の開催となります。本年度は61件の応募があり、審査の結果、以下のとおり環境大臣賞等の受賞者が決定されました。

注)本表彰でいう「企業」とは、営利企業のみならず、公益法人、独立行政法人等を含む、広義の事業者を指します。

 

 ○審査結果(詳細は別添1)

大賞(環境大臣賞)2社(大企業区分1社、中小企業区分1社)

大企業区分:株式会社リコー(東京都)

中小企業区分:株式会社セイブクリーン(熊本県)

優秀賞12社(大企業区分6社、中小企業区分6社)

奨励賞15社(大企業区分8社、中小企業区分7社)

 

 ○表彰式

日時:平成30年5月21日(月)14:00~15:30

会場:環境省第一会議室

(東京都千代田区霞ヶ関1-2-2 中央合同庁舎5号館22階)

<参考:環境 人づくり企業大賞2017>

1 実施主体

・主催:環境省

環境人材育成コンソーシアム(EcoLeaD)

・後援:一般社団法人日本経済団体連合会

公益社団法人経済同友会

日本商工会議所

・協力:一般社団法人グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン

NPO法人持続可能な開発のための教育推進会議

一般社団法人日本環境教育学会

サステナビリティ・コミュニケーション・ネットワーク

 

2 募集期間

平成29年9月21日(木)~11月24日(金)

 

3 応募総数

61件(内訳:大企業31件、中小企業30件)

 

4 審査方法

  • 審査機関として、「ワーキンググループ委員会」及び「審査委員会」を設置(別添2)。
  • ワーキンググループ委員会による一次審査、審査委員会による二次審査を経て、大賞(環境大臣賞)、優秀賞、奨励賞を決定。
  • 大賞(環境大臣賞)については、大企業、中小企業それぞれ1社ずつ選定。
  • 審査にあたっては、戦略性、波及性、実効性等の観点から総合的に評価。

添付資料

連絡先
環境省大臣官房環境経済課環境教育推進室
直通 03-5521-8231
代表 03-3581-3351
室 長  永見  靖 (内線6240)
補 佐  池田 怜司 (内線6272)
担 当  北村 陽典 (内線6273)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ