報道発表資料

平成30年3月12日
自然環境
この記事を印刷

国立公園の訪日外国人利用者数について

環境省では、政府が平成28(2016)年3月に取りまとめた「明日の日本を支える観光ビジョン」に基づき、国立公園の訪日外国人利用者数を2020年までに1000万人とする「国立公園満喫プロジェクト」を推進しています。
このたび、環境省の調査の結果、平成29(2017)年の国立公園の訪日外国人利用者数が、約600万人(暫定値)と推計されましたので、お知らせします。
国立公園全体(全34公園)では前年比約10%増、先行的に取組を進めることとしている8公園では前年比約29%増となりました。
目標の達成に向け、引き続き、受入環境の整備や海外への魅力の発信等を進めていきます。

○国立公園訪日外国人利用者数 調査結果の概要

  • 本調査は、観光庁の「訪日外国人消費動向調査」及び日本政府観光局(JNTO)が公表する「訪日外国人旅行者数」のデータをもとに推計したもの。
  • 全国34の国立公園全体では、約600万人となり、前年の約546万人に対して約10%の増加。
  • 国立公園満喫プロジェクトにおいて、先行的に取組を進めることとしている8公園(阿寒摩周、十和田八幡平、日光、伊勢志摩、大山隠岐、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、慶良間諸島)の合計は、約149万人となり、前年の約115万人に対して約29%の増加。
  • 詳細は以下及び添付資料のとおり。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局国立公園課国立公園利用推進室
環境省自然環境局国立公園課
国立公園利用推進室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8271
室長   西村 学  (内線6641)
室長補佐 谷垣 佐智子(内線6642)
担当   上田 晃浩 (内線6645)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ