報道発表資料

平成30年3月6日
再生循環
この記事を印刷

環境回復検討会(第19回)の開催について

 「平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法(放射性物質汚染対処特措法)」に基づく除染等の措置等に係る事項について検討するため、「環境回復検討会」の第19回会合を開催いたします。
 ※資料を最下部に掲載しております。(3月12日18:00、3月13日9:55更新)

1. 日時

平成30年3月13日(火)10:00~11:30

2. 場所

Learning Square 新橋6階 大会議室6-ABC

(住所:東京都港区新橋4-21-3 新橋東急ビル)

3. 議題(予定)

(1) 仮置場等の原状回復について

(2) その他

4. 傍聴

 傍聴を希望される方は、次の要領に従ってお申込みください。

(1)傍聴可能人数

70名程度(希望者多数の場合は抽選とさせていただきます。)

(2)申込要領

■Eメール又はFAXにて、下記申込先までお申込みください。

■お申込みの際には、 表題に「環境回復検討会(第19回)傍聴希望」と明記し、[1]氏名、[2]フリガナ、[3]住所、[4]勤務先、[5]電話番号、[6] Eメールアドレス又はFAX番号を御記入ください。

■申込締切りは、平成30年3月9日(金)17時必着です。

■傍聴いただける方には、傍聴券を3月12日(月)中にEメール又はFAXにて送付いたしますので、

 当日は会場受付にて【傍聴券】(本メールが表示されているスマートフォン等の画面、本メールを印刷したもの、又はFAX)【写真入り身分証明書】(免許証等)を御提示ください。

(3)報道関係者の方々へ

■取材を希望される報道関係者の方も上記申込要領に従ってお申込みください。

■カメラ撮りを御希望の方は、その旨をあわせて御記入ください。なお、カメラ撮りは会議の冒頭のみとさせていただきます。

(4)会合資料

■環境省では、環境負荷削減の観点から、審議会等のペーパーレス化の取組を推進しています。本検討会の資料については、当日、会場内にスクリーンを設置して投影することとし、原則として傍聴席への印刷物の配布は行いません。また、検討会開催までに本報道発表に資料を追加更新いたします。ペーパーレス化への御協力をお願いいたします。

(HPへの掲載が当日になる資料については、会場にて印刷物を配布いたします。)

■会場内には、無線LANのアクセスポイントも御用意しておりますが、周囲の電波環境、回線の利用状況等により、通信速度の大幅な低下や、通信自体が御利用いただけなくなる場合があります。また当該無線LANの利用は、本検討会に係る資料の閲覧に限らせていただきますので、あらかじめ御了承ください。

傍聴申込先 株式会社エックス都市研究所(担当:伊藤聖子、高橋真紀)

〒171-0033 東京都豊島区高田2-17-22 目白中野ビル6階

TEL 03-5956-7515 FAX 03-5956-7523

E-mail:kankyo_kai@exri.co.jp

配布資料
 
議事次第 [PDF 64KB]
資料1 
委員名簿、設置要綱 [PDF 315KB]
資料2 
除去土壌の保管に係るガイドライン(5.仮置場等の原状回復(案))の概要 [PDF 1.2MB]
資料3 
除去土壌の保管に係るガイドライン(5.仮置場等の原状回復(案)) [PDF 1MB]
資料4 
被災地の環境再生に向けた取組の現状 [PDF 14.4MB]
連絡先
環境省環境再生・資源循環局環境再生事業担当参事官室
代表 03-3581-3351
参事官     神谷 洋一
参事官補佐   吉田 勝利 (内 7526)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ