報道発表資料

平成30年1月18日
大臣官房 総合政策
この記事を印刷

「第3回全国ユース環境活動発表大会」の開催について

 環境活動を行っている全国の高校生を対象とする「全国ユース環境活動発表大会」を2月4日(日)に開催するとともに、観覧・取材希望の募集をお知らせします。
 特に優れた取組に対しては、環境大臣賞の授与を行います。

1 大会の趣旨

 「全国ユース環境活動発表大会」は、持続可能な社会の構築に向けて環境活動を行う大学生や高校生に対し、相互交流や実践発表の機会を提供することとし、活動の更なる充実を図ることを目的とするものです。

 当日は、全国からあらかじめ選抜された学生がその取組を発表します。特に優れた取組に対しては、環境大臣賞の授与を行います。

2 大会の内容

日程: 2018年2月4日(日)

場所: 国連大学 ウ・タント国際会議場

主催: 全国ユース環境活動発表大会実行委員会

 (環境省/独立行政法人環境再生保全機構/国連大学サステイナビリティ高等研究所)

事務局:独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部内事務局

協力: 環境省地方環境パートナーシップオフィス(EPO)

地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

ESD活動支援センター

全国大学生環境活動コンテスト実行委員会

協賛: キリン株式会社

協栄産業株式会社

SGホールディングス株式会社

三井住友海上火災保険株式会社

当日のスケジュールは次のとおりです。

9:00  受付開始

9:30  開会

9:45  高校生による活動発表

12:30 休憩

13:15 大学生による活動発表

14:00 表彰式

14:30 閉会

※なお、発表大会前日(2月3日)に活動発表参加者を対象とするワークショップを実施します。(非公開)

3 発表校等   

<高校生> 

 出場校を募集したところ、全国から計100校の応募がありました。独立行政法人環境再生保全機構内に審査委員会を設置し、環境教育・環境保全活動に係る専門家、地方環境パートナーシップオフィス(EPO)の協力を得て、計12校を選考しました。発表大会当日、以下の審査員による審査を行い、環境大臣賞等の決定及び表彰を行います。

 出場校の詳細及び活動の概要は別紙のとおりです。 

 〈審査委員〉  五十音順

審査委員長  小澤 紀美子 東京学芸大学名誉教授

審査委員   佐藤 隆史  環境省大臣官房環境経済課民間活動支援室長

福井 光彦  独立行政法人環境再生保全機構理事長

古澤 栄一  協栄産業株式会社代表取締役

渡邉 綱男  国連大学サステイナビリティ高等研究所

シニアプログラムコーディネーター

 〈表彰等〉 

環境大臣賞:1校

環境再生保全機構理事長賞:1校

国連大学サステイナビリティ高等研究所所長賞:1校

特別賞(高校生選考賞):1校

特別賞(先生選考賞):1校

 

 <大学生>

 「全国大学生環境活動コンテスト」でグランプリ(環境大臣賞)、準グランプリ(独立行政法人環境再生保全機構理事長賞)となった活動の発表及び表彰を行います。詳細は「全国大学生環境活動コンテスト」ホームページ(http://www.ecocon.info/2017/)を参照してください。   

4 観覧・取材希望について

 当日(2月4日)の観覧・取材希望は、事前登録制とさせていただきます。観覧・取材をご希望の方は、以下のページより1月31日(水)14:00までにご登録をお願いいたします。

http://j-gift.org/japan-youth-env-3/

  

※駐車場がないので、来場の際は公共交通機関をご利用ください。

(本件問い合わせ先)

第3回全国ユース環境活動発表大会 運営事務局

(一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト〈GiFT〉)

TEL: 03-4540-1203

FAX: 03-4540-1197

Email: envi-info@j-gift.org

添付資料

連絡先
環境省大臣官房環境経済課民間活動支援室
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8231
室長 佐藤 隆史 (6298)
補佐 池田 怜司 (6272)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ