報道発表資料

平成30年1月10日
自然環境
この記事を印刷

霧島錦江湾国立公園満喫プロジェクト えびの高原「上質な宿泊施設誘致」に向けた事業者の皆様との対話の実施について

 環境省では、国立公園のインバウンド利用者の増加と対応充実を目指す「国立公園満喫プロジェクト」を進めています。その取組の一環として、霧島錦江湾国立公園の主要な利用拠点の一つであるえびの高原において、宮崎県やえびの市と協力し、周辺地域を含めたエリア全体の魅力向上を図ることを目的として、環境省所管地である旧ホテル跡地に上質な宿泊施設を誘致するため、平成30年度中に事業者の公募を実施することを予定しております。
 事業者の公募に先立ち、広くアイデアやご提案をいただき、公募条件の整理等に役立てることを目的として、企業をはじめとする民間事業者の皆様との対話を実施します。

<環境省九州地方環境事務所・宮崎県・えびの市同時発表>

1.概要

 全国で34箇所の国立公園のうち「国立公園満喫プロジェクト」を推進する8公園に選定されている霧島錦江湾国立公園については、平成28年12月に「霧島錦江湾国立公園ステップアッププログラム2020」を策定しました。同プログラムに基づき、えびの高原における上質な宿泊施設の誘致に取り組むにあたり、平成29年12月に環境省九州地方環境事務所、宮崎県、えびの市の3者で「えびの高原宿泊施設誘致等実行委員会(事務局:宮崎県)」を立ち上げ、平成30年度中に事業者の公募を実施する予定としています。

 今般、事業者の公募に先立ち、広くアイデアやご提案をいただき、公募条件の整理等に役立てることを目的に、企業をはじめとする民間事業者の皆様との対話を実施します。(※詳細は添付資料「「対話」実施要領」を参照。

 霧島錦江湾国立公園の主要な利用拠点の一つであるえびの高原は、国立公園内にありシンボルともいえる韓国岳を始め、えびの岳、白鳥山、硫黄山を擁し、周辺には複数の火口湖があり四季折々の豊かな景色を楽しめる県内有数の観光地です。雄大で美しい風景地の国立公園の資質を活かした、上質な宿泊施設誘致の可能性や、宿泊施設と連動した公園利用者への体験プログラムの提供等を通じた利用環境の充実によって、周辺地域を含めたエリア全体の魅力向上につながる様々なアイデアやご提案をいただくことを期待しています。

 なお、対話は企業等の民間事業者の皆様から意見をいただくものであり、対話参加の有無により今後の事業者公募において有利又は不利になることはありません。対話の実施結果については、概要をホームページ等で公表します(参加企業等の名称、知的財産に係る内容等は公表しません。)。

2.事前説明会・現地見学会の開催 【事前申込制】

事業概要や対話の実施方法に関する事前説明会及び現地見学会を開催します。

参加を希望される方は、事前説明会・現地見学会エントリーシート(様式1)に必要事項を記入し、Eメールへ添付の上、期間内にご提出ください。

【日時】平成30年1月25日(木)

・事前説明会 午前11時~12時(開場:10時45分)

・現地見学会 午後1時~3時(質疑時間含む)

【場所】えびのエコミュージアムセンター レクチャールーム

(宮崎県えびの市末永1495-5)

【対象者】事業の実施主体となる意向を有する法人又は法人のグループ

【申込期間】平成30年1月10日(水)午前10時~1月19日(金)午後5時

【申込方法】Eメール (宛先:shizen-koen@pref.miyazaki.lg.jp )

メール件名 :【事前説明会・現地説明会参加申込】と記載ください。

メール添付 :(様式1)事前説明会・現地見学会エントリーシート

※対話への参加を希望される方は、できるだけ事前説明会にご参加ください。現地見学会への参加は任意です。

※えびの高原では1月に降雪の可能性が高くなります、開催時間に間に合うよう移動時間や移動手段の確保をお願いします。開催が困難と判断した場合は、予備日(1月29日(月))での開催を検討します。

3.対話参加の申込み  【事前申込制】

 対話参加エントリーシート(様式2)に必要事項を記入し、Eメールへ添付の上、期間内にご提出ください。

なお、事前説明会・現地見学会に参加されなかった方も、対話には申込み可能です。

【申込期間】平成30年1月10日(水)午前10時~2月6日(火)午後5時

【申込方法】Eメール (宛先:shizen-koen@pref.miyazaki.lg.jp

メール件名 :【対話参加申込】と記載ください。

メール添付 :(様式2)対話参加エントリーシート

4.対話の実施

【日時】  平成30年2月13日(火)~2月20日(火)(1グループ1時間程度)

(※申込み内容に基づいて日時を調整します)

【場所】  宮崎県庁 環境森林部会議室(日時確定後、別途連絡)

【対象者】 事業の実施主体となる意向を有する法人又は法人のグループ

※対話は企業等の皆さまから意見をいただくものであり、対話参加の有無により今後の事業者公募において有利又は不利になることはありません。

※対話の実施結果については、概要をホームページ等で公表します。

 (参加企業等の名称、知的財産に係る内容等は公表しません。)

5.添付資料

・霧島錦江湾国立公園満喫プロジェクト えびの高原「上質な宿泊施設の誘致」における事業者公募に向けた「対話」実施要領

・(様式1)事前説明会・現地見学会エントリーシート

・(様式2)対話参加エントリーシート

・対話実施に関する説明資料

・自然公園法に基づく国立公園事業(宿舎事業)について

※添付資料については、環境省報道発表資料(http://www.env.go.jp/press/index.html)から御確認ください。

6.参考

・霧島錦江湾国立公園ステップアッププログラム2020

http://www.env.go.jp/nature/mankitsu-project/pdf/kirishima.pdf

・宮崎県ホームページ(本件の報道発表ページ)

https://www.pref.miyazaki.lg.jp/shizen-koen/kurashi/shizen/20180107135959.html

7.その他

 本件については、官民対話を通じた官民連携事業の事業化検討を促進するため、国土交通省と内閣府が開催するサウンディングにも案件のひとつとして登録しております。

 2月7日(水)13:00~18:00に福岡市で開催される九州・沖縄ブロックのサウンディングへのご参加もご検討ください。詳細は下記URLをご確認ください。

http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/kanminrenkei/sosei_kanminrenkei_tk1_000021.html

【問い合わせ先】

宮崎県 環境森林部 自然環境課自然公園室

(「えびの高原宿泊施設誘致等実行委員会」事務局)

   電話 :0985-44-2624/ FAX:0985-28-8489

  E-mail:shizen-koen@pref.miyazaki.lg.jp

  担当 :甲斐

添付資料

連絡先
環境省自然環境局国立公園課
代表:03-3581-3351
 国立公園官民連携企画官 辻本 慎太郎(内線6640)
 海域公園専門官     笹渕 紘平 (内線6693)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ