報道発表資料

平成30年1月9日
再生循環
この記事を印刷

平成29年度廃棄物エネルギーの地域での利活用促進に関する説明会の開催について

 廃棄物の焼却処理等により得られる廃棄物エネルギーを、電力や熱として地域の施設において積極的に利活用することは、地域の低炭素化及び活性化につながります。廃棄物エネルギーを地域において利活用するためには、廃棄物処理施設整備の計画段階からエネルギー利活用の在り方を含めて、様々な関係者が連携して一体的に検討を行うことが重要であり、環境省ではその調査検討を進めております。
 本説明会では、市町村の担当者や民間事業者等を対象として、環境省における取組、廃棄物エネルギーの利活用に向けた計画策定のあり方、廃棄物エネルギーの利活用に係る各地域の先進的な取組事例などを紹介します。

1.日時

関西会場 平成30年2月19日(月)13:30~16:35

関東会場 平成30年3月19日(月)13:30~16:20(施設見学会10:30~12:00)

2.場所

関西会場 生駒市コミュニティセンター 文化ホール(奈良県生駒市元町1丁目6番12号)     

関東会場 三鷹産業プラザ 703,704,705会議室(東京都三鷹市下連雀3-38-4)

(施設見学会 武蔵野クリーンセンター(東京都武蔵野市緑町3丁目1番5号))

3.定員

 関西会場 100名、関東会場 150名(施設見学会 50名)

 ※事前申込み制です。参加希望者多数の場合は、自治体関係者を優先します。

4.参加費

無料

5.参加申込み

  参加希望の方はメール又はFAXで、必要事項を記載の上、お申込みください。
 メール等の件名は「廃棄物エネルギーの地域での利活用促進に関する説明会申込」とし、氏名、所属・役職、連絡先(電話番号及びE-Mailアドレス)、職種、希望会場名と、関東会場の施設見学会を御希望の方はその旨も御記載ください。

※申込み締切
関西会場 平成30年2月12日(月)、関東会場 平成30年3月12日(月)

※施設見学会は、定員に達したため申込を締め切りました。

6.プログラム

関西会場

(1)開催地挨拶・特別講演「生駒市における地域エネルギー事業への挑戦」生駒市長 小紫雅史氏

(2)環境省における廃棄物エネルギーの利活用の推進方策について

(3)廃棄物エネルギーの利活用に係る推進の意義について

(4)廃棄物エネルギーの利活用促進に向けた計画策定のあり方について

(5)廃棄物エネルギーの利活用に係る先進的取組事例の紹介(生駒市、北九州市)

(6)パネルディスカッション(来場者参加型)

関東会場

(1)環境省における廃棄物エネルギーの利活用の推進方策について

(2)廃棄物エネルギーの利活用に係る推進の意義について

(3)廃棄物エネルギーの利活用促進に向けた計画策定のあり方について

(4)廃棄物エネルギーの利活用に係る先進的取組事例の紹介(越谷市、武蔵野市)

(5)パネルディスカッション(来場者参加型)

7.申込み・問合せ先

一般財団法人 日本環境衛生センター 企画・再生可能エネルギー事業課

担当 丸山 木村

〒210-0828 神奈川県川崎市川崎区四谷上町10-6

E-mail saiene@jesc.or.jp

TEL 044-288-5093

FAX 044-288-5217

添付資料

連絡先
環境省環境再生・資源循環局廃棄物適正処理推進課
代表 03-3581-3351
直通 03-5501-3154
課長   瀬川 恵子(内線6841)
課長補佐 平松 寛章(内線6859)
主査   田中 吉隆(内線6897)
担当   竹本 啓助(内線6858)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ