報道発表資料

平成29年12月7日
廃棄物
この記事を印刷

アジア汚水管理パートナーシップ(仮称)設立準備ワークショップの開催

 環境省と国土交通省は、2015年9月の国連サミットで採択されたSDGs※1の目標達成への貢献及びアジアにおける汚水処理の主流化※2に向け、「アジア汚水管理パートナーシップ(AWaP※3)(仮称)設立準備ワークショップ」を、12月13日にミャンマー連邦共和国ヤンゴン市にて開催します。
 ワークショップでは、アジアの汚水処理の現状や各国の知見を共有するためのAWaP設立に向け、参加国の政府関係者等と意見交換を行います。
~アジアの汚水管理を推進するためのネットワーク設立を目指します!~

<開催概要>

1.日時 :平成29年12月13日(水)9:00~15:30

2.会場 :ミャンマー連邦共和国ヤンゴン市 メリアヤンゴンホテル

3.主催 :日本国 環境省、国土交通省

4.共催 :ミャンマー連邦共和国 建設省、農業灌漑省、ヤンゴン市開発委員会

5.参加者:

・日本、ミャンマー、ベトナム、インドネシア、カンボジア、フィリピン政府関係者等

・2017ミス日本「水の天使」 宮﨑あずさ

6.主なプログラム

・アジアにおけるSDGsの達成に向けた汚水処理の主流化の取組

・AWaP(仮称)の設立に向けたディスカッション 等

(※1)SDGs:Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略。17ゴール・169ターゲットを掲げており、ターゲット6.3では「未処理汚水の半減を目指す」こととしている。

(※2)汚水処理の主流化:浄化槽等の汚水処理への投資の増加・法整備など、汚水管理を優先的な政策課題として位置づけること。

(※3)AWaP:Asia Wastewater Management Partnership(アジア汚水管理パートナーシップ)の略。

連絡先
環境省環境再生・資源循環局廃棄物適正処理推進課浄化槽推進室
直通 03-5501-3155
代表 03-3581-3351
室長 松田 尚之  (内線6861)
係長 井上 剛介  (内線6908)

ページ先頭へ