報道発表資料

平成29年12月5日
水・土壌
この記事を印刷

日中海洋ごみワークショップ(第1回)の結果について

 第7回日中高級事務レベル海洋協議における合意に基づき、平成29年11月21日(火)及び22日(水)の両日、日中海洋ごみワークショップ(第1回)を開催しました。
 ワークショップでは、海洋ごみのモニタリング及びマイクロプラスチックに関する日中双方の研究成果並びに今後の研究活動について意見交換するとともに、マイクロプラスチックの研究に関する日中間の協力関係を強化することで合意しました。

1.日時

平成29年11月21日(火)~11月22日(水)

2.場所

中国上海市

  

3.主催

中国国家海洋局海洋環境モニタリングセンター

4.出席者

日本側 環境省,在中国日本国大使館,大学の海洋関連専門家

中国側 国家海洋局,外交部,大学及び研究機関の海洋関連専門家

5.概要

 ワークショップにおいて、日中双方の研究者から、マイクロプラスチックに関する現在と将来の研究、海洋ごみ管理に関する課題、海洋ごみとマイクロプラスチックの発生源と分布、マイクロプラスチックに吸着する有害化学物質及びその海洋生態系への影響に関して報告があり、ぞれぞれの研究成果及び今後の研究活動について意見交換を行うとともに、今後のマイクロプラスチック研究に関する日中間の協力をさらに強化することで合意した。また、次回日中海洋ごみ協力ワークショップ(第2回)を2018年に日本で開催することで合意した。

連絡先
環境省水・大気環境局水環境課海洋環境室
直通   03-5521-9025
代表   03-3581-3351
室長   中里靖  (内6630)
室長補佐 松﨑裕司 (内6632)
室長補佐 矢野克典 (内6631)
係長   佐藤佳奈子(内6637)

ページ先頭へ