報道発表資料

平成29年11月13日
自然環境
この記事を印刷

国立公園満喫プロジェクトシンポジウム「日本の国立公園を世界へ~国立公園満喫プロジェクトが考えるこれからのインバウンド~」の開催について

 環境省では、政府が平成28年3月にとりまとめた「明日の日本を支える観光ビジョン」に基づき、日本の国立公園を世界水準の「ナショナルパーク」としてブランド化することを目指して「国立公園満喫プロジェクト」に取り組んでいます。
 このたび、本プロジェクトにおいて先行的、集中的に取り組みを進めている国立公園の関係者やオフィシャルパートナー等、インバウンド誘客に取り組む幅広い関係者が一同に集い、インバウンドの拡大や利用の質の向上、さらには関係者のネットワーク構築に向けて、シンポジウムを開催いたします。

1 開催日時

 日時:平成29年12月4日(月) 13:30~18:30

2 会場

 名称:日本橋コングレスクウェア 2階

 住所:東京都中央区日本橋1丁目3-13

3 定員・参加費

 定員:250名(参加費無料)

4 プログラム(予定)

 ○基調講演

「日本の国立公園の魅力を世界へ」

国立公園満喫プロジェクト有識者会議座長

涌井 史郎 氏(東京都市大学特別教授)

 ○トークセッション①

「外国人を魅了する日本の自然ツアー」

マイク・ハリス氏(株式会社キャニオンズ代表取締役)

荒井 一洋氏(北海道アドベンチャートラベル協議会会長)

ほか

 ○国立公園オフィシャルパートナーによるポスターセッション等

 ○満喫プロジェクト選定8公園による事業報告

阿寒摩周、十和田八幡平、日光、伊勢志摩、大山隠岐、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、慶良間諸島

 ○トークセッション②

「自然体験ツアーをいかに世界に売り込むか」

高橋 理志氏(株式会社Voyagin代表取締役CEO)

大江晃一郎氏(トラベルズー・ジャパン代表取締役社長)

ほか

 ○講演

「日本のローカルの価値と可能性と課題-野遊びを活かした地方創生」

後藤健市氏(スノーピーク地方創生コンサルティング代表取締役社長)

 ○パネルディスカッション

「国立公園満喫プロジェクトが目指すもの」

コーディネーター:涌井史郎氏(国立公園満喫プロジェクト有識者会議座長)

パネリスト: マイク・ハリス氏(株式会社キャニオンズ)

高橋理志氏(株式会社Voyagin)

ほか

5 参加申込み

 一般参加者は、以下のURLより申し込みを行ってください。定員になり次第、締め切ります。

 申込みURL:www.nationalpark.online

連絡先
環境省自然環境局国立公園課
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8279
課長   田中 良典(内線6640)
課長補佐 中島 治美(内線6650)
専門官  笹渕 紘平(内線6693)

環境省自然環境局国立公園課国立公園利用推進室
直通 03-5521-8271
室長   西村 学  (内線6641)
室長補佐 谷垣 佐智子(内線6642)
係長   松平 定憲 (内線6646)

ページ先頭へ