報道発表資料

平成29年11月7日
自然環境
この記事を印刷

自然資源を活かすエコツーリズム・インタープリテーションの人材育成支援事業の参加地域募集について

 環境省では、「国立公園満喫プロジェクト」の先導的役割を果たす8つの国立公園をはじめとする自然公園地域や、エコツーリズムに取り組む地域など、自然資源を活用して地域活性化に取り組む地域を対象に、地域における持続可能な仕組み構築に向けたキーマンとなる人材育成の支援を行うことを目的とした標記事業への参加地域を募集いたします。

1.概要

 国を挙げて、地方創生やインバウンド対策に取り組んでいる今、地域における体験の機会や質を向上させ、訪れる人や滞在期間を増やし、地域での雇用創出や地域活性化、持続可能な地域振興に結びつけていくことが、大いに望まれています。

 これらの取組を今後継続し、着実に実現していくためには、日本の豊かな自然に裏付けされた多様な文化の魅力や価値を大切にしながら、それらを上手に引き出し、伝え、豊かな体験を提供する人材や、そうした人材が活躍できる地域の仕組みや体制を構築していくことが重要です。

 本事業は、「国立公園満喫プロジェクト」の先導的役割を果たす8つの国立公園をはじめとする自然公園地域や、エコツーリズムに取り組む地域など、自然資源を活用して地域活性化に取り組む地域を対象に、ビジターセンターなどの拠点施設のスタッフ、体験プログラム・エコツアーなどを企画、実施する事業者やガイド、コーディネーターなど、地域における持続可能な仕組み構築に向けたキーマンとなる人材育成の支援を行うものです。

2.応募コース

 本事業では、以下の2コースを設定し、それぞれ、事前のアドバイザー派遣・自己研修・集合研修、さらにその後の地域へのアドバイザー派遣の課程を設定しています。

 ○Aコース「拠点施設で働く人向け」

 主にビジターセンター、自然系博物館、自然学校のほか、宿泊施設や観光施設の職員など、拠点施設で働く人を対象に、現場における解説業務(インタープリテーション)のスキルアップを図り、同時に人材育成の手法も学ぶコースです。

 ○Bコース「エコツアー事業者向け」

 主に着地型ツアー事業者、アクティビティー事業者、エコツアー事業者、エコツアーガイド、地域コーディネーター等を対象とし、エコツーリズムを活かして地域を盛り上げるために、ツアーガイドや地域コーディネーターとしての能力向上を目的としたコースです。

3.応募期間

 平成29年12月5日(火)まで(必着)

4.応募方法等

 別添の応募フォームに必要事項を記入の上、下記応募先に電子メール又は郵送にて提出してください。詳しくは、環境省報道発表資料(http://www.env.go.jp/press/index.html)より応募要領をご覧ください。応募フォームについては、下記問い合わせ先のホームページからもダウンロードいただけます。

5.問い合わせ・応募先

 ○Aコース:公益社団法人 日本環境教育フォーラム(URL: http://www.jeef.or.jp

〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5 日能研ビル1F(担当:京極)

電話:03-5834-2897、FAX:03-5834-2898、E-mail:kyogoku@jeef.or.jp

 ○Bコース:NPO法人日本エコツーリズム協会(URL: http://www.ecotourism.gr.jp

〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F(担当:坪根)

電話:03-5437-3080、FAX:03-5437-3081、E-mail:tsubone@ecotourism.gr.jp

添付資料

連絡先
環境省自然環境局国立公園課国立公園利用推進室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8271
室長   西村 学   (内線6641)
室長補佐 谷垣 佐智子 (内線6642)
係長   加藤 雅寛  (内線6644)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ