報道発表資料

平成29年10月20日
廃棄物
この記事を印刷

中央環境審議会循環型社会部会廃棄物処理制度専門委員会(第9回)の開催について

 11月2日(木)に中央環境審議会循環型社会部会廃棄物処理制度専門委員会(第9回)を下記のとおり開催します。なお、本専門委員会は公開で行います。
 ※資料を最下部に掲載しております。(11月1日16:30更新)

1.日時  平成29年11月2日(木) 10:00~12:00

2.場所  TKP赤坂カンファレンスルーム ホール13A

(東京都港区赤坂2丁目14-27 国際新赤坂ビル 東館13階)

3.議題

(1)廃棄物処理法政省令事項素案について

(2)その他

4. 傍聴の手続

 公開に関する具体的な取扱いは、以下のとおりですので、傍聴を希望される方は、これに沿って必要な手続等を行ってください。

(1) 傍聴希望者は、10月30日(月)17:00(必着)までに傍聴希望者ごとに電子メールにてお申し込みください。(申込みは電子メールのみとさせていただきます。)なお、件名を「廃棄物処理制度専門委員会傍聴希望」としていただき、[1] 氏名、[2] フリガナ、[3] 住所、 [4] 所属、[5] 電話番号、[6] Eメールアドレスを御記入の上、hairi-sanpai@env.go.jpまでお申し込みください。

お申込みは、傍聴希望者1名につき1通とさせていただきます。また、傍聴に関しては環境省担当までお問い合わせください。

(2) 傍聴希望者が多数あった場合は、抽選により傍聴できる方を選定することといたします。

(3) 審議会資料については、原則として11月1日(水)夕刻までに本報道発表に資料を追加して更新いたします。なお、11月1日(水)夕刻までに掲載されなかった資料につきましては、当日会場で配布いたします。

審議会のペーパーレス化の取組を推進するため、傍聴される方は事前にお持ちのノートパソコン・タブレット等の通信端末にダウンロードするなど、御協力をお願いいたします。なお、会場から環境省ホームページにアクセスし掲載された資料を閲覧される場合には、御自身で通信環境を御用意いただくようお願いします。

※原則として、事務局で資料は御用意いたしませんので御留意ください。

(4) 傍聴の可否につきましては、メールで御連絡いたしますので、傍聴ができる旨の連絡を受け取った方は、部会当日、返信メール(端末画面又は印刷したもの)及び身分証明書を御持参いただき、会場前受付にて御提示ください。

(5) 当日取材を希望される報道関係者につきましても、(1)に記載されているメールアドレスに、10月30日(月)17:00までに(1)の記載事項について事前登録を行ってください。また、カメラ撮りを希望される場合、その旨も併せて登録をお願いします(カメラ撮りは冒頭のみとさせていただきます)。

(6) 傍聴者は、下記に掲げる事項を遵守してください。

傍聴される方へ

 中央環境審議会循環型社会部会廃棄物処理制度専門委員会を傍聴される方は、次の留意事項を遵守してください。

・携帯電話等はマナーモードに設定するなどして呼び出し音が出ないようにして傍聴してください。

・カメラ撮りは冒頭のみとさせていただきます。

・その他、職員の指示に従うようお願いします。

(中央環境審議会循環型社会部会廃棄物処理制度専門委員会事務局)

配布資料
 
議事次第 [PDF 69KB]
資料1-1  
廃棄物処理法政省令事項素案について(概要) [PDF 2,305KB]
資料1-2  
廃棄物処理法政省令事項素案について(本文) [PDF 687KB]
資料2  
その他「廃棄物処理制度の見直しの方向性(意見具申)」(平成29年2月14日 中央環境審議会)への対応状況 [PDF 1,383KB]
参考資料1  
有害使用済機器の保管等に関する技術的検討会中間取りまとめ [PDF 668KB]
参考資料2  
廃棄物処理制度の見直しの方向性(意見具申)(平成29年2月14日 中央環境審議会) [PDF 622KB]
参考資料3  
中央環境審議会循環型社会部会廃棄物処理制度専門委員会委員名簿 [PDF 101KB]
連絡先
環境省環境再生・資源循環局総務課制度企画室
直通   03-6457-9097
代表   03-3581-3351
室長   相澤 寛史(内線6872)
課長補佐 村井 啓朗(内線7840)
担当   松田 幸子(内線6894)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ