報道発表資料

平成29年10月3日
自然環境
この記事を印刷

名古屋港におけるヒアリの確認について

 環境省及び国土交通省では、本年8月から中国、台湾等からの定期コンテナ航路を有する68港湾におけるヒアリ調査を実施しています。
 そのうちの名古屋港での調査において、特定外来生物であるヒアリ(Solenopsis invicta)が確認されましたので、お知らせします。
 当該ヒアリは、愛知県名古屋港鍋田ふ頭のコンテナターミナル内において9月29日に実施した目視調査時に発見したものです。
 確認した個体については、殺虫処分するとともに、確認した地点の周辺に殺虫餌(ベイト剤)及びトラップを設置しています。
 なお、本件は68港湾におけるヒアリ調査において、4例目にヒアリが確認された事例です。本年6月の国内初確認以降、これまでのヒアリの確認事例は10月3日現在で11都府県、計20事例です。

1.発見場所

 愛知県名古屋港鍋田ふ頭コンテナターミナル(愛知県弥富市)

2.今回確認されたヒアリについて

 環境省及び国土交通省では、本年8月から中国、台湾等からの定期コンテナ航路を有する68港湾におけるヒアリ調査を実施しています。そのうちの愛知県名古屋港鍋田ふ頭のコンテナターミナルでの調査において、9月29日にヒアリと疑われるアリ(2個体)を発見したため、これを捕獲し、そのアリの同定を専門家に依頼したところ、10月2日にヒアリと確認されました。

発見した数:2個体

発見した状況:目視調査時にコンテナターミナル内の緑地で発見。

対応:発見したアリを殺虫処分。また、ヒアリの発見地点周辺に、殺虫餌(ベイト剤)及びトラップを設置。

3.今後の対応

 当該コンテナターミナルで発見した2個体は、殺虫処分しました。引き続き、環境省は、国土交通省、愛知県、弥富市、名古屋港管理組合等と協力して、当該地を中心に、調査を実施し、ヒアリを発見した場合は、速やかにその個体を殺虫処分するとともに、防除を実施します。

 なお、愛知県、弥富市、名古屋港管理組合等の関係機関に対しては、以下を依頼しています。

・今回ヒアリの確認があったことから、ヒアリが発見されたコンテナターミナル及びその周辺を利用する関係者に、特定外来生物の付着・混入がないよう、点検等を適宜実施するよう依頼すること

・今後、環境省等が実施する調査に協力すること

 また、環境省は本発見地点周辺において愛知県、名古屋港管理組合等と協力し、ヒアリ発見地点の周辺2km程度の調査を追加で実施する予定です。

4.現在までの発見事例

 現在までの発見事例については環境省ホームページをご確認ください。

○ヒアリに関する諸情報について

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/fireant.html

○今回発見されたヒアリ(環境省撮影)

○ヒアリを確認した場所

連絡先
環境省
環境省自然環境局
野生生物課外来生物対策室
代表 03-3581-3351
室長   曽宮 和夫
室長補佐 八元 綾
担当   知識 寛之
中部地方環境事務所 野生生物課
直通 052-955-2139
課長   酒向 貴子
専門官  高木 丈子

ページ先頭へ