報道発表資料

平成29年9月27日
自然環境
この記事を印刷

広島港におけるヒアリの確認について(平成29年8月25日の続報)

 平成29年8月24日に広島県広島港国際コンテナターミナル出島地区のコンテナヤード内において特定外来生物であるヒアリ(Solenopsis invicta)が確認されました。その後、中国四国地方環境事務所及び広島県が継続的に調査を実施しており、9月26日までに、さらに2個体のヒアリが確認されましたので、お知らせします。
 ヒアリと確認された個体は発見時に既に死亡しており、また発見地点付近には継続してベイト剤(殺虫餌)及び粘着トラップを設置しています。
 なお、6月の国内初確認以降、これまでのヒアリの確認事例は9月27日現在で11都府県、合計19例で、本件は14例目の事例の続報となります。

1.前回発表(8月25日)までの経緯

 8/23 環境省及び国土交通省が広島港で実施しているヒアリの68港湾調査において、粘着トラップ及びその周辺でヒアリと疑われるアリ(計131個体)を発見したため、全て殺虫処分し、アリを採取するとともに、発見地点周辺に粘着トラップ及びベイト剤(殺虫餌)を設置。

 8/24 専門家が、採取したアリをヒアリと確認。

(詳細の経緯については平成29年8月25日付け報道発表資料「広島港におけるヒアリの確認について」(http://www.env.go.jp/press/104487.html)参照)

2.前回発表(8月25日から)以降の経緯

 8/29 8月23日に発見地点周辺に緊急的に設置していた粘着トラップ4個を8月25日に回収し、中国四国地方環境事務所が確認したところ、ヒアリと疑わしいアリ2個体を発見。

 8/30 中国四国地方環境事務所、中国地方整備局、広島県及び広島市が現地調査を行い、当該地に粘着トラップを100個設置。

 9/7 9月4日に回収した粘着トラップ(8/30設置)を、中国四国地方環境事務所が確認したところ、ヒアリと疑わしいアリ6個体を発見。

 9/10 当該地に粘着トラップを100個設置。

 9/22 9月13日に回収した粘着トラップ(9/10設置)を、中国四国地方環境事務所が確認したところ、ヒアリと疑わしいアリは発見されなかった。

 9/26 専門家が、これまでの調査で発見した疑わしいアリ8個体のうち、2個体をヒアリの働きアリと確認。

3.今回発見されたヒアリについて

 確認されたヒアリは、全て8月23日に発見された地点周辺で発見されており、引き続き、同地点周辺にベイト剤(殺虫餌)及び粘着トラップを設置しています。

4.今後の対応

 広島港において初めてヒアリが確認された8月24日以降、当該地において、中国四国地方環境事務所及び広島県が継続してヒアリの調査を実施しています。また、環境省は、国土交通省港湾局と協力して、中国、台湾等の定期航路を有する68 港湾における目視及びトラップによる調査を行うとともに、全国のヒアリが確認された地点において周辺2km の調査を順次実施しており、広島港は両調査の対象となっています。

○今回ヒアリが発見された場所(前回発見地点と同様)

連絡先
環境省
環境省自然環境局
野生生物課外来生物対策室
代表 03-3581-3351
室長   曽宮 和夫
室長補佐 八元 綾
担当   知識 寛之
中国四国地方環境事務所 野生生物課
直通 086-223-1561
課長   杉田 高行
課長補佐 阿部 愼太郎

ページ先頭へ