報道発表資料

平成29年10月6日
廃棄物
この記事を印刷

~環境をテーマにした伝わるCMコンテスト~「Re-Style CMコンテスト」の各賞が決定!

 環境省では、3Rや限りある資源の大切さなどを様々な方に知ってもらう"きっかけ"となるよう、循環型社会や3Rをテーマとした映像CMを「Re-Style CMコンテスト」として一般公募しましたが、審査委員による審査の結果、各賞が決定しましたのでお知らせします。
 受賞作品については、今後、環境省の取組で活用していくとともに、一部の作品については、首都圏を中心とする街頭ビジョンで放映する予定です。

1.Re-Style CMコンテスト

 環境省では、3Rや限りある資源の大切さ、一人ひとりの行動の重要性を多くの皆様に知ってもらう"きっかけ"となるよう、循環型社会や3Rをテーマとした映像CMを、「Re-Style CMコンテスト」(以下、「本コンテスト」という。)として、下記概要にて実施しました。

 公募の結果、全国から42作品のご応募をいただき、以下の審査委員による審査の結果(平成29年9月15日実施)、下記2のとおり、各賞が決定しました。

 本コンテストは、作品の応募を通じて、循環型社会や3Rについての考えや理解を深めていただく機会となるとともに、受賞作品をご覧になった多くの皆様にとって3Rを知り、共感し、さらに多くの方々に"伝わる"新しい機会となることを目的に実施しています。

 詳細は「Re-Style」サイト内特設ページ(http://www.re-style.env.go.jp/cm-contest/)をご覧下さい。

 なお、表彰式は10月21日(土)に、イオンモール幕張新都心(千葉県千葉市)で開催する環境省主催の3R啓発イベント「Re-Style FES!」でのステージイベントにおいて実施する予定です。

 詳細は、専用サイト(http://www.re-style.env.go.jp/re-stylefes2017/)をご覧下さい。

<「Re-Style CMコンテスト」概要>

○ 応募受付期間:平成29年6月30日(金)~9月10日(日)まで

○ テーマ:「限りある資源を未来につなぐ。今、僕らにできること。」

○ 作品条件:上記テーマを踏まえた下記①~③の全ての条件を満たす作品。

① 「3R」を意識付ける映像

② 共感し、自分ごと化できる映像

③ オリジナル性の高い映像

○ 応募条件:完全新作(30秒)又は過去3年以内に放映・掲載された作品(15秒~60秒)

○ 応募対象者:企業、地方公共団体、民間団体、グループ、個人など

<審査委員>(五十音順、敬称略)

関根  心太郎  CM総合研究所 代表

谷口  優    株式会社宣伝会議 月刊「宣伝会議」編集長

薬師寺 衛    一般社団法人日本アド・コンテンツ制作協会 専務理事

2.結果発表

 (各受賞作品は、こちらからご視聴ください。)

  http://www.re-style.env.go.jp/cm-contest/

3.受賞作品の活用について

 上記の受賞3作品は、今後、環境省サイト「Re-Style」にて掲載・紹介していくほか、CM総合研究所出版「月刊CM INDEX」や、宣伝会議Webサイト等において、取材・紹介を予定しています。

 また、U29作品賞の「嬉しい雨」は、10月15日(日)~11月14日(火)までの期間、下記の首都圏等の主要な街頭ビジョンで放映いたします。

<放映予定の街頭ビジョン>

・池袋リプレビジョン(池袋サンシャイン通り) ・御徒町HAZビジョン(御徒町駅前)

・渋谷IGビジョン(東映プラザ)       ・秋葉原ラジオ会館ビジョン(ラジオ会館1号館)

・吉祥寺ビジョン(吉祥寺駅各ホーム前)    ・Y'Sビジョン(アメ横センタービル)

・YYビジョン(八王子)           ・ニュー新橋ビジョン

・札幌駅前ビジョン              ・心斎橋OPAビジョン

連絡先
環境省環境再生・資源循環局総務課循環型社会推進室
担当者:田中道雄
03-5521-8336

ページ先頭へ