報道発表資料

平成29年9月25日
自然環境
この記事を印刷

「GTFグリーンチャレンジデー2017 in 新宿御苑」、「海にいいこと、やさしいこと、考えよう!WONDER ACTION CAFÉ 2017」及び「WONDER CORAL CAFÉ2017」を開催します。

 環境省では、森里川海の恵みを将来にわたって享受し、安全で豊かな国づくりを行うため「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクト及び地球温暖化対策のための国民運動「COOL CHOICE」を推進しています。
 この度、「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクト及び「COOL CHOICE」の両プロジェクト共通の目標である「便利で豊かな暮らしを享受しつつ、環境に配慮したライフスタイルや経済活動へシフトすること」の啓発を目的として、「GTFグリーンチャレンジデー2017 in 新宿御苑」、「海にいいこと、やさしいこと、考えよう!WONDER ACTION CAFÉ 2017」及び「WONDER CORAL CAFÉ2017」を開催します。

1.GTFグリーンチャレンジデー2017 in 新宿御苑

 「つなげよう、支えよう森里川海」をテーマに、企業、自治体及び団体の環境保全の取組を応援し、市民一人一人が環境について考え、行動することを応援するイベント。都心にありながら、広大で豊かな自然を持つ新宿御苑を会場に、多数の官公庁、企業、団体及び市民が一丸となって開催します。

開催概要

日時:平成29年9月30日(土)~10月1日(日)※両日とも10:00~16:00

会場:新宿御苑/イギリス風景式庭園及びフランス式整形庭園(新宿区内藤町11)

入場料:大人200円/中学生以下50円(新宿御苑入園料)

主催:GTFグレータートウキョウフェスティバル実行委員会

共催:環境省、国連生物多様性の10年日本委員会、新宿区、TOKYO FM、TBSテレビ

企画:「MY行動宣言」の5つのアクションと連動した下記プログラムを実施

【 Act1「たべよう」:環食】

国産食材を無駄なく調理し、間伐材や再利用できる素材の食器を使用するなど、循環型の食を提案

【Act2「ふれよう」:ワークショップ】

企業、NPOなど各種団体と連携し、体験型及び参加型のワークショップを実施

【Act3「まもろう」:スタンプラリー】

環境保全について楽しみながら学べる体験型のブース等を巡るスタンプラリーを実施

【Act4「えらぼう」:マルシェ】

地元の食材や旬のものを味わう機会を提供し、東北をはじめ各地の特産品及び旬の食材を販売

【 Act5「つたえよう」:ステージ】

本イベントのテーマに関する取組やそれに携わる方々の想いを発信するステージプログラムを構成

2.海にいいこと、やさしいこと、考えよう!WONDER ACTION CAFÉ 2017

 司会進行に桝太一さん(日本テレビアナウンサー・東京湾再生アンバサダー)、萩原智子さん(日本水泳連盟理事・シドニーオリンピック女子競泳日本代表)、特別ゲストに哀川翔さん(タレント・釣り人)を迎え、萩原智子さんの取組みである「水ケーション」を皮切りに、哀川翔さん、海洋研究開発機構、環境省からプレゼンテーションを行い、登壇者全員によるクロストークを通じて、東京湾のために私たちでもできるワンダー(素晴らしい・奇跡を生む)なことを語り合います。

*このトークショーは東京2020公認プログラム(持続可能性)に認定されました。

開催概要

日時:平成29年10月21日(土)13:30~15:00

会場:横浜赤レンガ倉庫広場/特別企画会場(神奈川県横浜市中区新港1-1)

入場料:無料

主催:環境省、東京湾大感謝祭実行委員会

企画:下記プログラムのトークショーを開催

13:30-13:40 オープニングトーク

東京湾再生とオリンピックレガシーについて(桝太一さん、萩原智子さん)

13:40-14:40 プレゼンテーション

1.水ケーション-「水」を通じた「Communication」と「Education」-(萩原智子さん)

水泳選手の素朴な疑問「水はどこからやってくる?」

2.つなげよう、支えよう森里川海(環境省 自然環境局)

森里川海のつながりのために私たちにできること

3.深海から観た海の不思議(国立研究開発法人 海洋研究開発機構)

有人潜水調査船「しんかい6500」パイロットが観た東京湾や世界の海

4.COOL CHOICE-未来のために、いま選ぼう-(環境省 地球環境局)

CO2を減らして海を守る

5.アニキから子供たちへ-海遊びの極意伝授-(哀川翔さん)

東京湾を釣って、江戸前を食らう!

14:45-15:00 クロストーク

海にいいこと、環境にいいことワンダー宣言!

3.WONDER CORAL CAFÉ2017

 国際サンゴ礁年2018年を迎えるにあたり、サンゴ礁の重要性と危機に瀕する現状を広く知っていただくとともに、民間企業・NGOの先進的な取組を紹介し、サンゴ礁保全のために私たちができることを考えます。

開催概要

日時:平成29年10月22日(日)13:30~15:00

会場:横浜赤レンガ倉庫広場 特別企画会場(神奈川県横浜市中区新港1-1)

入場料:無料

主催:環境省、東京湾大感謝祭実行委員会

企画:下記プログラムのトークショーを開催

13:30-14:10 サンゴ礁の素晴らしさを知ろう

自然写真家 高砂淳二さんによるスライドトークショー

14:10-14:20 サンゴ礁の現状を知ろう

環境省

14:20-15:00 サンゴ礁を守る取組を知ろう

チーム美らサンゴ

三菱商事株式会社

株式会社コーセー

コーラル・ネットワーク

国際サンゴ礁年2018

 サンゴ礁保全のための国際的枠組みである国際サンゴ礁イニシアティブ(International Coral Reef Initiative : ICRI)が定めたもので、各国において、以下の活動を推進することを奨励しています。

→ サンゴ礁生態系の価値及び脅威についての認識を世界的に向上させる

→ サンゴ礁の管理に関して、政府、民間、学術団体及び市民社会のパートナーシップを推進する

→ サンゴ礁生態系の保全、レジリエンスの向上及び持続可能な利用のための効果的な管理戦略を実行し、優良事例を奨励する

→ 持続可能なサンゴ礁管理に関する優良事例について情報共有する

□同時開催「東京湾大感謝2017」

「東京湾大感謝祭2017」を横浜赤レンガ倉庫で開催します

~海にいいこと、やさしいこと、はじめよう!~

 多くの方に東京湾の魅力や恵みを楽しく体験・発見してもらい、東京湾のためにできることを考え、行動を始めるきっかけとなることを目的に、環境省も参画する「東京湾再生官民連携フォーラム」の活動の一環として、「東京湾大感謝祭2017」を10月20日~22日に開催します。(昨年は9万8千人が来場)

 今年の東京湾大感謝祭では、東京湾再生官民連携フォーラムの活動報告のほか、汽笛の一斉吹鳴、釣り大会「哀川翔カップ」、ヨット・ボート体験乗船会、海猿救難救助デモンストレーション、スタンプラリーなど、たくさんのイベントが目白押しです。海の環境や水質改善の取組についても学ぶことができます。

 また、21日のオープニングセレモニーでは、東京湾再生アンバサダーの日本テレビ桝太一アナウンサーが司会を行います。

開催概要

日時:平成29年10月20日(金)~22日(日)

※20 日は東京湾シンポジウムのみ開催(13:00~17:30)

※21日(土)10:00~17:00、22日(日)10:00~16:30

※オープニングセレモニー:21日(土)11:50~12:35

会場:横浜赤レンガ倉庫広場及び周辺

(象の鼻桟橋、赤レンガプロムナード、運河パーク、大さん橋ホール)

入場料:無料(イベント内で有料販売しているものがあります)

主催:東京湾大感謝祭実行委員会

共催:国土交通省関東地方整備局、環境省 他

※詳細は東京湾大感謝祭2017のHPをご覧ください:http://www.tbsaisei.com/fes/

※会場の取材可能:会場の実行委員会本部テント(プレス受付)にお越し下さい。

東京湾大感謝祭2017お問い合わせ先

東京湾大感謝祭実行委員会事務局 吉野(よしの)

TEL:03-5805-1059/FAX:03-5805-1058

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課
代表  03-3581-3351
直通  03-5521-8274
課長 :奥田 直久(内線6430)
調整官:岡野 隆宏(内線6435)
担当 :奥野 勇 (内線6438)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ