報道発表資料

平成29年9月25日
地球環境
この記事を印刷

環境省と全日本空輸株式会社(ANA)が「COOL CHOICE」の普及啓発で連携~国内線機内モニターでの映像上映や国際線機内で使用される再生プラスチックカップへのロゴ表示等で普及促進~

 環境省では、低炭素型の「製品」「サービス」「ライフスタイル」など、地球温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE」を、関係省庁や様々な企業・団体・自治体等と連携しながら推進しています。
 「COOL CHOICE」の更なる認知向上を図り、身近な生活のなかで、未来のために、今できるアクションへの参加を呼びかけるため、今回全日本空輸株式会社(ANA)と下記のとおり連携施策を実施することとしましたのでお知らせします。
 「COOL CHOICE」の詳細はこちら
 https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/index.html

1 機内における連携について

 ANAは、昨年度に引き続き、10月のANA国内線全線(一部小型機等を除く)機内モニター「スカイビジョン」にて、「COOL CHOICE」のコンセプトと、私たちが身近な生活の中で選択できるアクションを紹介する映像(30秒)を上映するとともに、ANAグループ機内誌「翼の王国」12月号での「COOL CHOICE」紹介及びANAの低炭素社会づくりに向けた取組の記事掲載を行います。

 また、今年度は新たに、環境大臣が認定する「エコ・ファースト企業」として、資源循環型社会を実現するために、Reduce(ごみを出さないようにする)、Reuse(繰り返し使う)、Recycle(資源として再利用する)の取組を進める一環として、機内で発生する廃棄物(ビン・缶・ペットボトル)の分別化だけでなく、回収したペットボトルを原料とした再生プラスチックを国際線の機内で使用される飲料カップやサラダボウルなどに導入しており、適正なリサイクルによる環境負荷低減を推進しています。

 さらに、再生プラスチックの飲料カップには「COOL CHOICE」のロゴマークを印字するとともに、ANAグループ機内誌「翼の王国」8月号で紹介するなど、「COOL CHOICE」のさらなる認知度向上に取り組むとともに、環境保全の取組を積極的に進めています。

◆機内モニター映像イメージ

機内モニター映像イメージ

◆再生プラスチックカップのロゴ印字

ANA機内のカップ

◆機内誌「翼の王国」8月号掲載内容

2 「GTFグリーンチャレンジデー2017 in 新宿御苑」ブース出展について

 GTFグレーター トウキョウ フェスティバル実行委員会が主催する「GTFグリーンチャレンジデー2017 in 新宿御苑」にブース出展し、環境・社会貢献活動に関するパネル展示等を行うほか、COOL CHOICEに関するパネルを展示します。

 <GTFグリーンチャレンジデー2017 in 新宿御苑について>

日時:2017年9月30日(土)、10月1日(日) 10:00~16:00

場所:新宿御苑 イギリス風景式庭園、フランス式整形庭園

概要:生物多様性を意識するためのさまざまなチャレンジを応援する日として、企業・自治体・団体の環境保全の取組みを応援し、市民一人ひとりが環境について考え、アクションすることを応援するため、多数の官公庁・企業・団体・市民が一丸となって開催するイベント。

HP:http://www.gtfweb.com/reccomend/reccomend.html

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課国民生活対策室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8341
室  長  増田 直文 (内6725)
室長補佐  竹田 智宏 (内7740)
担  当  野嶋 美沙都(内6794)

ページ先頭へ