報道発表資料

平成29年9月19日
自然環境
この記事を印刷

エコツーリズム推進協議会の活動状況について

 エコツーリズムとは、地域のガイドが自然環境や歴史文化など、地域固有の魅力を観光客に伝えることにより、その価値や大切さが理解され、保全につながっていくことを目指していく仕組みです。
 このたび、エコツーリズム推進法に基づき、「エコツーリズム推進全体構想」の認定を受けた全国12のエコツーリズム推進協議会の活動状況を取りまとめましたのでお知らせします。
 これからの秋の行楽シーズン、お近くや旅行先のエコツアーに是非参加して下さい。

1 エコツーリズム推進協議会の名称等について

市町村名

エコツーリズム推進協議会名

これからの時期に体験できるエコツアーの紹介等

北海道

弟子屈町

てしかがえこまち推進協議会

連絡先:015-482-2940

担当 :阿部

URL:http://masyuko.or.jp

・「摩周湖星紀行」

(通年)

・「摩周・屈斜路雲海ツアー」

(6月~10月初旬)

・「摩周湖ホーストレッキング」

(6月~10月)

・「釧路川源流カヌーツアー」

(通年)

弟子屈町では世界有数の透明度を誇る摩周湖を始めとする「阿寒摩周国立公園」の豊かな自然を生かしたエコツアーを体験できます。ツアーの後は、源泉かけ流しの温泉も是非お楽しみください。

群馬県

みなかみ町

谷川岳エコツーリズム推進協議会

連絡先:0278-25-5031

担当 :鈴木

URL: http://www.env.go.jp/nature/

ecotourism/try-ecotourism/certification/

tanigawadake/index.html

・「谷川岳一ノ倉沢エコハイキング」

(6~11月)

・「谷川岳天神平散策ツアー」

(6~10月)

・「谷川岳自然と歴史のトレッキング」(6~11月)

谷川岳は、毎年7月第1週の山開きを終え、とてもいい季節を迎えています。また、10月上旬には紅葉も見頃を迎えますので、是非協議会ホームページをご確認ください。

埼玉県

飯能市

飯能市エコツーリズム推進協議会

連絡先:042-973-2123

担当 :阿久津・片野・安部

URL: http://hanno-eco.com/

・畑ごはんのすすめ 大地の恵みでのんびり~まるごと楽しむ落花生~

(9月)

・さがす・あじわう~高麗川の清流にふれる日曜日~   

(10月)

・年越し"ぶんか"再発見

~そば打ち体験としめ縄づくり~

(12月)

「地域の人が地域の言葉で地域をガイドする」、エコツアーを実施する取組『飯能モデル』を推進しています。

 エコツアーを通じて、地域の方とのふれあいや飯能の魅力を体験しませんか。

東京都

小笠原村

小笠原エコツーリズム協議会

連絡先:04998-2-3114

担当 :柏木

URL:http://www.vill.ogasawara.tokyo.jp/

・ドルフィンスイム&ウォッチング

(通年)

・南島上陸ツアー

(2月中旬~11月上旬)

・世界自然遺産 父島・千尋岩(ハートロック)ルートツアー

(通年)

・世界自然遺産 乳房山ツアー

(通年)

世界自然遺産・小笠原諸島。原生状態を保ち固有種生物の宝庫である亜熱帯の森や、カラフルなサンゴ礁、ダイナミックにイルカや大型回遊魚が泳ぐボニンブルーの海でのエコツアーをお楽しみください。

富山県

上市町

上市町まちのわ推進協議会

連絡先:076-472-1111

担当 :深川・青木

URL:https://www.env.go.jp/nature

/ecotourism/try-ecotourism/certification/

kamiichi/index.html

・「大岩ぷちみそぎ修行体験」

(通年)

・森林セラピープログラム

(3~12月)

古刹の森で香りをきく

森のレストランツアー

・フォトロゲイニング上市まちのわ2017

(10月9日)

北アルプスの霊峰「剱岳」の麓に位置するまち。協議会では町の宝を活かす・守る・伝えるの3つを柱として活動。滝行をはじめとした修行体験、3つの森林セラピー基地、そして峻厳な剱岳をはじめ雄大な富山平野や富山湾を望むトレッキングコースが多くあり。是非、ご体感ください。

三重県

名張市

名張市エコツーリズム推進協議会

連絡先:0595-63-7824

担当 :松本、谷川

URL:https://www.env.go.jp/nature

/ecotourism/try-ecotourism

/certification/nabari/index.html

・「忍者修行体験ツアー」(通年)

・「滝に打たれて自分をみがくECOツアー」    (6~10月)

オオサンショウウオが生息する豊かな自然、伊賀忍者や修験者が修行した神秘とやすらぎの聖地・赤目四十八滝で、スピリチャルでリフレッシュな体験を!

三重県

鳥羽市

鳥羽市エコツーリズム推進協議会

連絡先:0599-25-1157

担当 :杉本・木下

URL:http://www.env.go.jp/nature/

ecotourism/try-ecotourism/certification/toba/

index.html

・「船で行く!漁師町の島ランチツアー」

(通年)

・「鳥羽の台所つまみ食いウォーキング」(通年)

「循環」と「連携」をキーワードに、エコツーリズムを推進し、自然や歴史・文化の保護や魅力向上を図ります。

京都府

南丹市美山町

南丹市美山エコツーリズム推進協議会

連絡先:0771-75-9030

担当 :髙御堂・青田

URL:https://www.env.go.jp/nature/

ecotourism/try-ecotourism/certification

/nantan/index.html

・「かやぶきの里ガイドツアー」(通年)

・「芦生の森ネイチャーガイドトレッキングツアー」(4~11月)

・子供向け自然体験「アンズキッズ」

(通年)

・「狩猟体験」(11月~翌3月)

・第二会美山エコツーリズム大会in京都開催

平成30年2月10日(土)~18日(日)

「日本の原風景が織りなす里山の暮らし」をテーマに「人と自然をつなぐ伝統の知恵」を体験と交流を通して地球の未来のために学びましょう。

愛媛県

西条市・

久万高原町

石鎚山系エコツーリズム推進協議会

連絡先:089-912-2366

担当 :菅・阿部

URL:http://ishizuchi-ecotourism.com

・石鎚山 お山の案内人(通年)

・石鎚プライベートツアー(通年)

・石鎚山スターナイトツアー

(7月~11月)

・久万高原ノルディックウォークツアー(4月~11月)

・面河渓キャニオニング

(6月~10月)

西日本最高峰の石鎚山とその周辺に広がる自然や歴史文化を堪能できる様々なツアーがあります。それらは楽しむと同時に石鎚の恵みを感じ、学ぶことができます。是非、石鎚山系にお越しください。

宮崎県串間市

串間エコツーリズム推進協議会

(串間市エコツーリズム推進室内)

連絡先:0987-72-1111

担当 :上村・秋田

URL:http://www.city.kushima.lg.jp/

enjoy/

・「SUPで行く感動の海散歩ツアー」

(5月~10月)

・「森のエコ・山の恵みツアー」

(11月~5月)

・「中世の湊(Minato)語り部ガイドツアー」

(12月~2月)

・「定置網体験ツアー」

(通年)

・「癒しの遊覧船「かめんこ号」ツアー」(通年)

・「ふるたけフットパス」(春・秋)

・「都井岬野生馬ガイドツアー」(9月)

・「御崎馬と大自然満喫ウォーキング」

(通年)

・「野生馬を追う!都井岬馬追い体験」

(通年)

 日本のひなた宮崎県・最南端の串間市。サムライの馬が野生化して暮らす都井岬を中心に、野生馬ガイドや森作り、里山散策、海では漁師体験やSUP体験などゆったり「南国時間」を楽しめるエコツアーを提供しています。

鹿児島県奄美市・大和村・宇検村・瀬戸内町・龍郷町・喜界町・徳之島・天城町・伊仙町・和泊町・知名町・与論町

奄美群島エコツーリズム推進協議会

連絡先:0997-52-6032

    (奄美群島広域事務組合)

担当 :宮原・長谷場・前田

・金作原原生林散策ツアー(通年)

・マングローブカヌー(通年)

・ホエールウォッチング(1月~4月)

・徳之島全島一闘牛大会

(1月・5月・10月)

・沖永良部島ケイビング(通年)

「奄美群島国立公園」に指定された、個性豊かな自然と伝統文化に出会える島々へどうぞお越しください。

沖縄県渡嘉敷村・座間味村

渡嘉敷村エコツーリズム推進協議会・

座間味村エコツーリズム推進協議会

・渡嘉敷村エコツーリズム推進協議会

連絡先:098-987-2333

担当 :古賀

・座間味村エコツーリズム推進協議会

連絡先:098-987-2320

担当 :三田

URL:http://www.env.go.jp/

nature/ecotourism/try-ecotourism/certification/kerama/

index.html

「スキューバダイビング、シュノーケリング、シーカヤック、SUPなどの体験型エコツアー」(通年)

慶良間諸島にはケラマブルーと呼ばれている透明度の非常に高いサンゴ礁の海が広がっています。経験豊富なガイドのもと、自然を大切にしながら行われている様々なエコツアーを体験しに来てください。

2 各地域のエコツーリズム推進協議会の活動状況(平成28~29年度)

  添付資料「各地域のエコツーリズム推進協議会の活動状況」をご覧ください。

(参考)エコツーリズム推進法 関係条文(平成19年法律第105号)

 (活動状況の公表)

  第11条 主務大臣は、毎年、協議会の活動状況を取りまとめ、公表しなければならない

添付資料

連絡先
環境省自然環境局国立公園課国立公園利用推進室
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8271
室 長:堀内 洋(6641)
専門官:土田詠子(6643)
専門員:小林青葉(6646)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ