報道発表資料

平成29年9月19日
自然環境
この記事を印刷

第13回エコツーリズム大賞の募集について

 環境省では、エコツーリズム推進法に基づき、エコツーリズムの普及、定着のための様々な取組を進めています。
 この一環として、エコツーリズムに取り組む事業者、団体、自治体などを対象とした「第13回エコツーリズム大賞」の募集を本日から開始いたします。

1.趣旨

 エコツーリズム大賞は、エコツーリズムに取り組む事業者、団体、自治体などを対象に、優れた取組を表彰し広く紹介するもので、全国のエコツーリズムに関連する活動の質的・量的向上及び情報交換等による関係者の連帯感の醸成を図ることを目的としています。

2.主催

 環境省、NPO法人日本エコツーリズム協会

3.応募期限

 平成29年11月17日(金)まで ※必着

4.応募対象

 以下の活動に取り組んでいる事業者、団体、自治体などを対象とします。自薦、他薦は問いません。(例:ツアー事業者、宿泊事業者、交通事業者、コンサルタント、協議会、教育機関、学生団体、地方公共団体など)

(1)地域の自然環境や歴史文化を保全しつつそれらを体験する「エコツーリズム」に関連する環境保全活動を

  取り入れた取組や様々な自然体験の取組。

(2)環境保全、地域活性化、自然体験提供等の優れた活動。

※自然体験には、農林水産業体験や生活文化体験を通じた自然環境への理解につながる活動などを含みます。

5.応募方法等

 別添「募集パンフレット」をご覧ください。

 また、下記「エコツーリズムのススメ」ホームページにもお知らせを掲載する予定です。(http://www.env.go.jp/nature/ecotourism/try-ecotourism/) 

6.審査結果の公表等

 審査結果は、来年2月頃、環境省及びNPO法人日本エコツーリズム協会のホームページ上で公表します。

 受賞者には「第13回 エコツーリズム大賞 表彰式」において、表彰状及び副賞が授与されます。また、NPO法人日本エコツーリズム協会発行の「エコツアー総覧」や各種イベント等でも紹介を行う予定です。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局国立公園課国立公園利用推進室
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8271
室 長 堀内 洋 (内線6641)
専門官 土田 詠子(内線6643)
担 当 小林 青葉(内線6646)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ