報道発表資料

平成29年9月19日
地球環境
この記事を印刷

ポツダム気候影響研究所ハンス・J・シェルンフーバー所長来日記念シンポジウム「全球気温2度目標達成に向けた理論と実践について」の開催について

 気候変動予測の第一人者として世界的に貢献されてきたハンス・J・シェルンフーバー教授(ポツダム気候影響研究所設立者・所長)の来日の機会に、再生可能エネルギーの拡大など脱炭素社会づくりに向けたわが国の課題や方向性について議論するシンポジウムを10月20日(金)に開催します。

 気候変動予測の第一人者として世界的に貢献されてきたハンス・J・シェルンフーバー教授(ポツダム気候影響研究所設立者・所長)の来日の機会に、講演会を含むシンポジウムを開催し、気候変動の状況や見通し、気候変動予測について広く一般に知っていただくとともに、パリ協定に基づく2度目標達成のための、再生可能エネルギーの拡大など脱炭素社会づくりに向けたわが国の課題や方向性について国内の有識者を交えて議論を深めます。

1.日時・場所

日時:平成29年10月20日(金)14:00~16:30

場所:ベルサール汐留ホールA(定員300名)

※ アクセス:https://www.bellesalle.co.jp/shisetsu/tokyo/bs_shiodome/access

※ 日英同時通訳付き

2.お申込み・お問合せ先

 公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)お申込みサイト (https://www.iges.or.jp/jp/smo/kc/20171020.html)よりお申込みください。

※申込締切: 2017年10月13日(金)

※申込者数が定員に達し次第、締め切らせて頂く場合がございます。

※お問合せは以下までお願いします。

公益財団法人 地球環境戦略研究機関 (IGES)

戦略マネージメント・オフィス 広報担当: 増田

Tel: 046-855-3734 Email: iges_pr@iges.or.jp HP: http://www.iges.or.jp/

3.プログラム

(1)開会: 

  • 武内和彦 IGES理事長
  • 環境省 (予定)

(2)基調講演: ハンス・J・シェルンフーバー ポツダム気候影響研究所所長

 「気候変動の脅威に立ち向かう社会の変革」(仮題)

(3)パネルディスカッション 「ドイツの経験・教訓も参考にした我が国の2度目標達成方策について」

(モデレーター)浜中裕徳 IGES特別研究顧問 

(パネリスト)

  • ハンス・J・シェルンフーバー ポツダム気候影響研究所所長
  • 住明正 東京大学サステナビリティ学連携研究機構特任教授
  • 磯部達 みやまスマートエネルギー株式会社代表取締役社長
  • 加藤茂夫 株式会社リコー執行役員
  • 森下哲 環境省地球環境局局長

(4)閉会

  • 渡辺知保 NIES理事長

4.個人情報の取扱いについて

 ご入力いただいた個人情報は、本シンポジウムに関する事務連絡のみに使用し、法令等に基づく場合を除き、第三者への提供はいたしません。

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
直通 03-5521-8249
課長    松澤 裕  (内線6736)
課長補佐  飯野 暁  (内線6721)
担当    館村 宥紀 (内線6782)

ページ先頭へ