報道発表資料

平成29年8月4日
自然環境
この記事を印刷

岐阜県内におけるアカカミアリの確認について

 平成29 年7月26日に愛知県弥富市の名古屋港で陸揚げされ、8月1日に岐阜県岐阜市で荷下ろしされたコンテナ内で発見されたアリについて、専門機関による種の同定の結果、8月4日に特定外来生物であるアカカミアリ(Solenopsis geminata)と確認されましたので、お知らせいたします。
 当該アカカミアリは、フィリピン・マニラからから出港した貨物船が名古屋港で陸揚げされた後に、事業所に搬送されたコンテナの内部で発見されたものです。

1.経緯

7/13  フィリピン・マニラ港を出港。

7/13-26 台湾・高雄港で当該コンテナを積み替え、中国・香港港、中国・蛇口港、中国・廈門港を経由。

7/26 名古屋港(愛知県弥富市)に到着、コンテナヤードに陸揚げ。

8/1  同港コンテナヤードより、事業者施設に当該コンテナを搬送。

8/2 事業者施設で当該コンテナ開封時に、約40個体のアリを発見。事業者が環境省中部地方環境事務所(以下、中部事務所)に通報。中部事務所は、発見した個体をすべて殺虫処分すること及び当該コンテナ周辺の目視調査を指示。事業者は発見した全ての個体を殺虫剤で殺虫処分。目視調査の結果新たな個体の発見なし。

中部事務所、岐阜県、岐阜市が当該コンテナを確認し、約20個体のアリの死骸を確認。コンテナ内及び周辺にベイト剤、トラップを設置。

中部事務所が、専門家に同定のためサンプルを送付。

8/4 専門家が、サンプルがアカカミアリであることを確認。

2.今後の対応

 発見場所である事業者施設及び陸揚げされた名古屋港(愛知県弥富市)において誘因トラップ及び殺虫餌を設置していますが、新たなアリは発見されていません。

 引き続き、岐阜県と協力して、アカカミアリが当該コンテナの留置所周辺で確認された場合は、速やかに防除を実施します。

写真 今回確認されたアカカミアリ(岐阜県提供)

今回確認されたアカカミアリ(岐阜県提供)

今回アカカミアリが確認された場所

今回アカカミアリが確認された場所

連絡先
環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室
代表 03-3581-3351
室長   曽宮 和夫
室長補佐 八元 綾
担当   知識 寛之

中部地方環境事務所野生生物課
直通 052-955-2139
課長   酒向 貴子
専門官  高木 丈子

ページ先頭へ