報道発表資料

平成29年8月8日
地球環境
この記事を印刷

国立公園・世界自然遺産におけるカーボン・オフセットキャンペーンの実施について

 環境省は、経済産業省と連携し、国立公園内のビジターセンターや観光船、マイカー規制期間中の通行車両等から排出されるCO2を、国立公園周辺等での省エネ・再エネ設備の導入や、森林管理によって削減または吸収したCO2で埋め合わせ(=カーボン・オフセット)します。
 国立公園の豊かな自然にふれあいながら、環境に負荷をかけないよう、また自然と共生する社会の実現に向けた行動を喚起していきます。

1.国立公園・世界自然遺産のカーボン・オフセットについて

 環境省は、経済産業省と連携し、事業者や団体にご協力頂き、国立公園内にあるビジターセンターで使用する電力・化石燃料や、国立公園内の観光船、マイカー規制期間中の通行車両等から排出されるCO2を、国立公園周辺等での省エネ・再エネ設備導入による削減プロジェクトや森林管理プロジェクトで減らしたCO2で埋め合わせ(=カーボン・オフセット)することを通じて、地球温暖化防止に向けた取り組みを広く呼びかける取組を実施します。

2.協賛事業者等の募集について

 事業者・団体等に対しては、「協賛事業者」「協力事業者」「告知支援事業者」「協賛プロジェクト実施者」「協賛J-クレジット保有者」を募集しています。ネット募金を通じて個人で協力することも可能です。

詳しくは以下のウェブサイトをご参照ください。

https://japancredit.go.jp/cp/10/

3.今後のスケジュールについて

 第1回として、8月から日本全国の国立公園・世界自然遺産に先立ち、北海道の国立公園6か所で本キャンペーンを実施します。その後、日本全国の国立公園・世界自然遺産で本キャンペーンを行う予定です。

 支笏洞爺国立公園 阿寒摩周国立公園 知床国立公園 

 大雪山国立公園 利尻礼文サロベツ国立公園 釧路湿原国立公園

 なお、8月11日の山の日には、世界自然遺産である富士山において、富士スバルライン、富士山スカイラインを通行するクルマから排出されるCO2を、富士山周辺の太陽光発電や森林管理プロジェクトにおいて削減又は吸収したCO2で、カーボン・オフセットするキャンペーンを実施します。

※富士山における山の日カーボン・オフセットキャンペーンは、今年で2回目です。

 本キャンペーンについて、詳しくは以下のウェブサイトをご参照ください。

https://japancredit.go.jp/cp/09/

4.本キャンペーンについての問合せ先

みずほ情報総研株式会社 環境エネルギー第2部

(平成29年度J-クレジット活用促進支援委託業務の実施事業者)

電話:03-5281-7588  電子メール:offset@jcre.jp

J-クレジット制度ウェブサイト https://japancredit.go.jp/

※カーボン・オフセットとは

日常生活や経済活動において避けることができないCO2等の温室効果ガスの排出について、まずできるだけ排出量が減るよう削減努力を行い、どうしても排出される温室効果ガスについて、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資すること等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方です。

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
代表 03-3581-3351 
直通 03-5521-8246 
室  長  鮎川智一 (内線7716)
国際企画官 伊藤貴輝 (内線6757)
担  当  﨑枝京子 (内線6739)
担  当  根岸華子 (内線7743)

ページ先頭へ