報道発表資料

平成29年9月29日
水・土壌
この記事を印刷

日本沿岸地域等への廃ポリタンク等の漂着状況について(平成28年度分)

今般、環境省において、平成28年度(調査期間:平成28年4月1日~平成29年3月31日)の廃ポリタンク等の漂着状況について取りまとめた結果、廃ポリタンクは20道府県で16,029個、医療系廃棄物は10県で2,089個、漁具(浮子)は14道県で186,465個、電球類は12道県で2,430個確認されました。

1.経緯

 本調査は、我が国への海洋ごみの漂着状況を把握する一助として、道府県の協力を得て平成20年に始まりました。今般、平成28年度(調査期間:平成28年4月1日~平成29年3月31日)の漂着状況の結果を取りまとめましたのでお知らせします。※

2.調査結果

(1)廃ポリタンク

 廃ポリタンクは、北海道から沖縄県にわたる20道府県の海岸で総計16,029個(関係自治体からの情報提供等に基づき集計:別添1)確認されました。文字が確認できた廃ポリタンク(11,008個)のうち、韓国語表記のものが9,490個、中国語表記のものが837個でした。タンク内に内容物が確認された廃ポリタンクは1,416個で、この中には塩酸、過酸化水素、廃油などの液体が残っているものもありました。

(2)医療系廃棄物

 医療系廃棄物は、青森県から沖縄県にわたる10県の海岸で総計2,089個(関係自治体からの情報提供等に基づき集計:別添2)確認されました。内訳としては、注射器499個、薬びん1,034個、その他556個でした。

(3)漁具(浮子)

 漁具(浮子)は、北海道から沖縄県にわたる14道県の海岸で総計186,465個(関係自治体からの情報提供等に基づき集計:別添3)確認されました。文字が確認できた漁具(浮子)(25,924個)のうち、中国語表記のものが21,732個、韓国語表記のものが2,493個でした。

(4)電球類

 電球類は、北海道から沖縄県にわたる12道県の海岸で総計2,430個(関係自治体からの情報提供等に基づき集計:別添4)確認されました。このうち文字表記が確認できたものは、わずかに99個でした。

3.今後の対応

 環境省としては、引き続き道府県の協力を得つつ情報の収集にあたるとともに、必要な場合は関係国に対して申入れを行っていくことも検討していきます。

 ※本調査は、道府県からの情報提供を基に環境省がとりまとめたものであり、道府県毎に調査方法が異なっています。

(参考)

 平成28年度は、平成29年2月から3月にかけて、日本海沿岸の10道府県で、韓国語表記のある廃ポリタンクが約6,300個漂着しました。環境省においては、外務省と連携し、韓国政府に対して流出原因、流出場所及び流出量について、調査するとともに、韓国の関係当局による取締りや、再発防止の徹底などの要請を行いました。

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局水環境課海洋環境室
直通 03-5521-9025
代表 03-3581-3351
室長   中里 靖 (内線6630)
室長補佐 松崎 裕司(内線6632)
室長補佐 矢野 克典(内線6631)
担当   野々村知之(内線6509)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ