報道発表資料

平成29年7月28日
自然環境
この記事を印刷

68港湾におけるヒアリの調査・防除の実施について

 環境省及び国土交通省では、中国、台湾等からの定期コンテナ航路を有する68港湾における調査を、8月より順次実施いたしますので、お知らせいたします。
 8月1日(火)に専門家による講習会を開催し、8月2日(水)は、横浜港(神奈川県横浜市)で調査を実施する予定です。

1. 調査の目的

 ヒアリについては、6月9日に兵庫県尼崎市で初確認されて以降、現在までに10事例が報告されています。ヒアリの侵入状況をモニタリングするため、中国、台湾、フィリピン、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、北米、カリブ、中米、南米からの定期コンテナ航路を有する68港湾(別紙1参照)を対象として、調査を実施します。

2.調査の概要

 初回の調査として、専門業者による目視調査及びモニタリングトラップ(粘着トラップ等)の設置による調査を行い、さらに、港湾管理者等による目視調査及び粘着トラップ等の設置による調査を2回実施します(ただし、粘着トラップ等の解析は全て専門業者が実施します)。既にヒアリが確認されている港湾及び中国からの輸入コンテナ貨物量が多い港湾(神戸港、名古屋港、大阪港、東京港、横浜港、博多港、北九州港)については、トラップの数を増やす等の重点的な調査を行います。また、調査においてヒアリが発見された場合には、殺虫処分を行う等の緊急的な防除を実施します。

 初回の調査は、8月2日(水)の横浜港から開始し、その後、8月上旬から下旬にかけて他の67港湾で順次実施します。2回目の調査は9月上旬ごろより、3回目の調査は10月上旬ごろより、順次実施する予定です。

 なお、調査に先立ち、港湾管理者等を対象とした専門家(岸本年郎 ふじのくに地球環境史ミュージアム准教授)による講習会を、8月1日(火)に東京で、8月2日(水)に大阪で、それぞれ実施します。ヒアリの生態、同定・調査方法等に関する講習を予定しています。

3.結果の公表

 本調査においてヒアリが確認された場合には、速やかに結果を公表します。また、8月中旬を目途に初回の調査の状況を報告するとともに、初回、2回目、3回目の調査が終了した段階でそれぞれ結果の公表を予定しています。

4.殺虫餌(ベイト剤)の配備

 ヒアリが確認された港湾における防除を実施するため、環境省にて殺虫餌を購入し、各港湾に配備を進めています。既に、当面必要な量が全国68港湾に配布されています

5. 現地取材

 港湾管理者等を対象とした講習会については非公開としますが、冒頭のカメラ撮りを受け付けます。日時と場所は下記のとおりです。現地では必ず環境省担当官及び現場関係者の指示に従って行動してください。

 東京会場:8月1日(火)13:30~

 エッサム神田ホール1号館(東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2)

 大阪会場:8月2日(水)13:30~

 C I V I 新大阪研修センター(大阪府大阪市淀川区西中島3-9-13)

 8月2日(水)の横浜港の調査については、調査開始から1時間程度、現地取材を受け付けます。御希望の場合は、7月31日(月)12時までに、別添取材登録書によりFAXにて登録をお願いいたします。なお、申し込み多数の場合は、調整させていただくことがありますので、ご了承ください。

 マイクロバスを確保する都合がありますので、申込期限は厳守でお願いします。

FAX送信先:03-3581-7090(環境省自然環境局野生生物課)

(当日の行程)※予定時間なので実際には前後します。

集合場所:関東地方整備局港湾空港部 132会議室(別紙2参照)

(〒231-8436 横浜市中区北仲通5-57 横浜第2合同庁舎 13階)

10時00分~10時30分 集合場所で受付

10時30分~11時00分 移動時間

11時00分~12時00分 調査状況の撮影及び囲み取材

12時00分~12時30分 移動時間

12時30分 集合場所で解散

(留意事項)

・集合場所からマイクロバス等で現地まで移動することとし、現地集合は不可とさせていただきます。

・現場では必ず環境省担当官、国土交通省担当官及び現場関係者の指示に従って行動してください。

・調査している受託事業者への直接取材は御遠慮ください。取材は環境省担当官が対応させていただきます。

・当日の天候等の都合により、調査予定は変更となる可能性があります。その場合は8月2日(水)9時までに、登録いただいたFAX先までお知らせします。

 

 なお、別途、九州地方において、調査冒頭の現地取材を受け付ける機会を持つ予定であり、詳細が決まりましたら改めてお知らせします。

添付資料

連絡先
環境省
環境省自然環境局
野生生物課外来生物対策室
代表 03-3581-3351
室長   曽宮 和夫
室長補佐 八元 綾
担当   知識 寛之
<横浜港における調査に関すること>
関東地方環境事務所 野生生物課
直通 048-600-0817
課長   横田 寿男
専門官  木内 尚也

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ