報道発表資料

平成29年7月14日
自然環境
この記事を印刷

東京港におけるヒアリの調査状況報告について

 環境省は、国土交通省の協力も得ながら、主要7港で専門家による確認調査を行っています。
 本日、東京港青海ふ頭において調査を行った結果、ヒアリは確認されませんでしたが、アカカミアリが確認されましたので、お知らせします。

1.調査地

 東京都東京港(青海ふ頭)

2.結果

今回確認された数:1000個体以上

発見した状態: コンテナヤードの舗装面の亀裂

対応:アスファルトの亀裂を出入りするアカカミアリの疑いのある個体は殺虫餌(ベイト剤)を地下に持ち帰ることが確認されたため、地下の巣を撲滅させるためベイト剤を多数設置しました。

3.今後の予定

 巣を出入りする個体がいなくなるまで、殺虫餌(ベイト剤)の設置を続け、全ての個体を駆除します。また、当該地の周辺地域において、殺虫餌(ベイト剤)設置、目視及びモニタリングトラップ等のさらなる確認を行います。

 引き続き、青海ふ頭の管理者である東京都と連携協力して、当該コンテナの留置置の調査を実施し、アカカミアリが確認された場合、速やかに防除を実施します。

(写真) 調査の様子

(発見場所)