報道発表資料

平成29年7月18日
大臣官房
この記事を印刷

持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則) 保険業務ワーキンググループの開催について

 環境省は、環境に配慮した投融資等の拡大に向けて、金融機関の自主的な取組として策定された「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則)」の活動を支援しております。今般、21世紀金融行動原則では、7月28日(金)に、保険業務ワーキンググループとしてシンポジウムを開催いたしますので、お知らせいたします。
 本年6月、金融安定理事会(FSB)の気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)は、気候関連財務情報開示の最終報告書を公表し、今月のG20では、パリ協定の完全な実行に向けて迅速に取り組むことが再確認されました。このシンポジウムでは、TCFDメンバーである東京海上ホールディングス(株)の長村政明様をお招きし、最終報告書についてのポイントをご説明いただきます。また、提言への賛同の署名を行われた企業様と、GPIFが選定しましたESG指数で話題になっているESGリサーチ会社様からもご登壇いただき、今後の日本におけるESG投資と情報開示についてご議論いただきます。

1.開催概要

 日時:平成29年7月28日(金)13:30~16:00 (受付開始13:00~)

 会場:三田共用会議所 3階 大会議室(東京都港区三田2-1-8)

 参加費:無料

 テーマ:「FSB気候関連財務情報開示タスクフォース最終報告書の概要と日本企業に求められる対応」

 定員:120名程度

 申込方法:申込フォーム(https://business.form-mailer.jp/fms/3c2c5e8072585)にアクセスして、必須項目を入力してください(推奨)。

こちらの申込フォームにアクセスできない場合は、21世紀金融行動原則事務局
kankyo_kinyu@gef.or.jp )宛に、メールの件名を「TCFDシンポ参加希望」としていただいた上で、所属機関の名称、参加者氏名、部署・役職をご連絡ください。

 申込締切:平成29年7月26日(水)12:00

※恐れ入りますが、定員に達し次第、締め切らせていただきます。

2.プログラム(13:30~16:00)

<進行>

・損害保険ジャパン日本興亜(株) CSR室リーダー 金井  圭 氏

【開会挨拶】13:30~13:35

・環境省 大臣官房 環境経済課長 奥山 祐矢 氏

【報告】 13:35~14:25

「TCFD最終報告書の概要」

・東京海上ホールディングス(株)事業戦略部部長 兼 CSR室長 長村 政明 氏

~ 休憩(5分) ~

【プレゼン及びパネルディスカッション】14:30~15:55

「TCFD最終報告書と日本企業に求められる対応」

<パネリスト>

・国際航業(株)上級顧問 前川統一郎 氏

・住友化学(株)レスポンシブルケア部気候変動対応 担当部長 河本 光明 氏

・FTSE Russell アジア・パシフィック ESGヘッド 岸上 有沙 氏

・MSCI ESGリサーチ ヴァイス プレジデント 鷹羽美奈子 氏

・東京海上ホールディングス(株)事業戦略部部長 兼 CSR室長 長村 政明 氏

<モデレーター>

・損害保険ジャパン日本興亜(株)※ CSR室シニアアドバイザー 関  正雄 氏

【閉会挨拶】15:55~16:00

・損害保険ジャパン日本興亜(株)※ CSR室リーダー 金井  圭 氏

※保険業務ワーキンググループ座長機関

3.申込先

(一財)地球・人間環境フォーラム内 21世紀金融行動原則事務局

E-mail:kankyo_kinyu@gef.or.jp / TEL:03-5825-9735 / FAX:03-5825-9737

※以下の申込フォームからもお申込みいただけます。

<申込フォーム>https://business.form-mailer.jp/fms/3c2c5e8072585

添付資料

連絡先
環境省大臣官房環境経済課
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8240)
課  長:奥山 祐矢 (内:6260)
課長補佐:田辺 敬章 (内:6268)
担  当:小林 弘幸 (内:6295)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ