報道発表資料

平成29年9月8日
自然環境
この記事を印刷

未承認の遺伝子組換えペチュニアの取扱いについて(第3報)

 平成29年5月に国内で未承認の遺伝子組換えペチュニアが見つかったことを受け、農林水産省では、国内の種苗会社に対し、所有するペチュニア品種の自主検査を行うよう指導してきました。
 本年8月末までに、820品種について検査結果の報告があり、5月に公表した14品種以外に、36品種が未承認の遺伝子組換え体であることが分かりました。農林水産省及び環境省は、当該品種の販売者に対して、植付け前の当該品種の苗や種子の回収と廃棄を指導しています。
 なお、当該遺伝子組換えペチュニアが、他の野生植物に影響を与える可能性は低いと考えられます。

1 経緯と概要

 平成29年4月、フィンランド政府が遺伝子組換えペチュニア(9品種)を確認したとの報告を受けて調査を行ったところ、本年5月、我が国においてもカルタヘナ法第4条に基づく承認を受けていない遺伝子組換えペチュニア(14品種)が販売されていることを確認しました(注)

 これに伴い、農林水産省では、国内の種苗会社に対し、所有するペチュニア品種の自主検査を行うよう指導してきました。

 この結果、平成28年7月以降国内で販売されたことが明らかとなったペチュニア約1,400品種のうち、本年8月末までに、820品種について検査結果の報告があり、5月に公表した14品種の他に、36品種(別添資料参照)が未承認の遺伝子組換え体であることを確認しました。

 これらのペチュニアは、いずれも、育成過程で遺伝子組換え技術を用いておらず、市販品種を交配して育成したものであるため、育成に用いた品種の中に遺伝子組換え体の品種が含まれていた可能性が高いと考えられます。

(注)未承認の遺伝子組換えペチュニアの取扱いについて(農林水産省、環境省プレスリリース。第1報:5月10日、第2報:5月31日)

(参考)当該品種の生物多様性への影響について

 ペチュニアは南米原産の外来種であり、日本において交雑可能な近縁野生種の存在は知られていません。

 また、園芸作物として改良が重ねられ、人が作り出した環境に適応した作物であるため、雑草化して他の野生植物に影響を与える可能性は低いと考えられます。

2 新たに遺伝子組換え体であることが確認されたペチュニア品種とその販売状況

 新たに遺伝子組換え体であることが確認された36品種のペチュニアの、各社からの平成28年7月~平成29年6月の販売状況は次のとおりです。

販売者(50音順) 名称 販売量 主な販売先

大分ゼネラルサービス(株)

(大分県大分市、法人番号7320001000183)
アリーレッド 約1,800鉢 直接販売

カネコ種苗(株)

(群馬県前橋市、法人番号5070001000715)
キャンディーペチュニア サンシャインピンク 約10,300鉢 ホームセンター、園芸店

金丸フラワーセンター

(福岡県朝倉市)
朝倉ろまん、朝倉ろまんミステリー、朝倉ろまんレッド、小玉すいか、桜もち、這性ピンク、紅あんず、ほろよいレモン、ぽっちゃりピンク(折り鶴) 、マリリンルージュ、メロンパン、夕やけオレンジ、レモンちゃん 約5,000鉢 直接販売、個人向け通信販売

喜・喜・緑

(長野県諏訪郡)
ストロベリージェラート 約4,000鉢 直接販売

サントリーフラワーズ(株)

(東京都港区、法人番号4010401095031)
サフィニアアートピーチ 約19,000鉢 ホームセンター、園芸店、種苗会社、個人向け通信販売

タキイ種苗(株)

(京都府京都市、法人番号5130001017950)
流れ星 カシスオレンジ、流れ星 チェリーピンク 約8,700鉢 ホームセンター、園芸店、種苗会社、個人向け通信販売

(株)ハクサン

(愛知県日進市、法人番号2180001067449)
スーパーチュニア ローズリップ、ガーデンレディコレクション ペチュニアピーチ(サーモンレイ) 約8,600鉢 ホームセンター、園芸店、種苗会社

花芳

(兵庫県姫路市)
マンダリン 約600鉢 直接販売

(株)ハルディン

(千葉県印西市、法人番号7040001045091)
アモーレミオ 約8,300鉢 ホームセンター、園芸店、種苗会社

西木園芸

(愛知県西尾市)
ほろよいレモン、夕やけオレンジ 約3,500鉢 直接販売

半田農園

(愛知県西尾市)
朝倉ろまん 約6,000鉢 直接販売

ヒロ・ナーサリー

(広島県東広島市)
朝倉ろまん、朝倉ろまんミステリー、朝倉ろまんレッド、あんずちゃん、メロンパン 約2,100鉢 ホームセンター、園芸店、直接販売

(有)見元園芸

(高知県高知市、法人番号7490002007582)
紅あんず、ほろよいレモン 約1,600鉢 直接販売

横浜植木(株)

(神奈川県横浜市、法人番号1020001013956)
ヨコハマセンチュリーセレブレーション、ヨコハマクラシカルハーモニー、ヨコハマレッドムーンライト、ヨコハマフルーツポンチ、ヨコハマアプリコットファンデーション、ヨコハマグランオーレ、ヨコハマジュエリーボックス、ヨコハマピンクジュエリー 約10,400鉢 ホームセンター、園芸店、種苗会社、直接販売、個人向け通信販売

DCMホールディングス(株)

(東京都品川区、法人番号4010701019160)
ぽんぽん咲くペチュニア小花 レッドファイヤー 約13,500鉢 直接販売

F. FUZZY

(愛知県碧南市)
朝倉ろまんミステリー、桜もち、ほろよいレモン、ぽっちゃりピンク 約5,000鉢 直接販売

(株)LIXILビバ

(埼玉県さいたま市、法人番号2030001041872)
植えっぱ苗ペチュニア 花びらラブ、植えっぱ苗ペチュニア ビビットオレンジ、植えっぱ苗ペチュニア ビビットスカーレット 約16,000鉢 直接販売

 一般社団法人日本種苗協会からの情報によれば、国内のペチュニア市場は約16億円です。このうち、今回遺伝子組換え体であることが判明した36品種の割合は売上げベースで約1.3%です。

3 農林水産省と環境省の対応

・農林水産省と環境省は、遺伝子組換え体と判明した品種の販売者に対し、植付け前の当該品種の苗や種子の回収と廃棄を指導しています。また、カルタヘナ法第30条に基づき、当該販売者に対し、原因究明、回収状況、再発防止策等の報告を命じています。

・約1,400品種のペチュニアのうち、自主検査を実施中である約600品種については、随時結果の報告が行われる見込みであり、今後、未承認の遺伝子組換えペチュニアが新たに確認された場合は、同様の指導や措置を行います。

・今後、新たに遺伝子組換え体と明らかになった品種については、随時、農林水産省ウェブサイトの「国内で未承認の遺伝子組換え体であると判明したペチュニア品種」に掲載しますのでご参照ください。

 http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/carta/pdf/petunia-6.pdf

4 遺伝子組換えペチュニアの種苗を所有する方へ

・当該品種の種苗を所有する方は、今後、新たな栽培及び採種・交配を行わないでください。

・小売業者においては、各社から購入した当該品種の回収に御協力いただきますようお願いします。

・ご家庭における当該品種の取扱い等については、農林水産省ウェブサイトの「ご家庭でペチュニアを栽培されている方へ」もご参照ください。

 http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/carta/torikumi/petunia_1.html

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室
担当 八元 平山
代表 03-3581-3351(内線6683)
直通 03-5521-8344
FAX 03-3581-7090

農林水産省消費・安全局農産安全管理課
担当 髙島、吉田
代表 03-3502-8111(内線4510)
直通 03-6744-2102
FAX 03-3580-8592

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ