報道発表資料

平成29年6月21日
自然環境
この記事を印刷

神戸港におけるアリの調査状況報告について

 6月16日に神戸港のコンテナヤード(PC18)でヒアリが発見されたことを受け、周辺調査を実施し、6月20日にヒアリと似たアリの個体を採取したため、同定を行ったところ、6月21日に特定外来生物であるアカカミアリ(Solenopsis geminata)と確認されましたので、お知らせします。確認した個体及び確認地点は、すでに防除を実施しました。
 アカカミアリは、これまでも国内への侵入が確認されていたものです。
 アカカミアリは、ヒアリに比して毒性は低いものの、今後も、神戸市や関係者等と連携協力して周辺の調査を実施するとともに、確認されたヒアリ及びアカカミアリについては防除を速やかに実施して参ります。
 なお、他の調査地点(神戸市及び尼崎市の2地点)においては、ヒアリ及びアカカミアリの個体は確認されていません。

1.経緯等

 平成29年5月26日に兵庫県尼崎市においてヒアリ(Solenopsis invicta)が輸入貨物コンテナ(1個)の内部で確認された事を受け、当該コンテナが一時的に保管されていた神戸港において緊急調査を実施していたところ、6月16日にコンテナヤード(PC18)においてヒアリが確認されたため、防除を実施するとともに、周辺での調査を実施していました。

 今般、コンテナヤード(PC18)での調査で、前回(6/16)ヒアリが確認された場所から約120m東側の連続する亀裂2ヶ所において、新たにヒアリに似た個体が約100個体確認されたため、サンプルを採取するとともに、殺虫剤を散布して殺虫処理し、確認地点の消毒処理及びベイト剤の設置等を行いました。採取したサンプルは専門家に同定を依頼し、6月21日にヒアリではなくアカカミアリ(Solenopsis geminata)であることが確認されました。

2.今後の予定

 引き続き、神戸市等と連携協力して、当該コンテナヤードを中心に調査を実施し、ヒアリ及びアカカミアリが調査で確認された場合、速やかに防除を実施します。

(写真)

・コンテナヤードでの調査

アスファルトが割れ土壌が露出している場所で、アリが見られた。

サンプルを採取するとともに、殺虫剤を散布及び設置した。

・今回、確認されたアリ

今回(6/20)アカカミアリが確認された場所及びこれまでヒアリが確認された場所

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8344
室長   曽宮 和夫
室長補佐 八元 綾
担当   若松 佳紀

近畿地方環境事務所 野生生物課
代表 06-4792-0700
直通 06-4792-0706
課長   鑪 雅哉
課長補佐 深田 富士雄

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ