報道発表資料

平成29年5月26日
地球環境
この記事を印刷

温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度ウェブサイトに掲載された報告書作成支援ツールの脆弱性について

 地球温暖化対策推進法に基づく温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度のウェブサイトにおいて掲載しておりました報告書作成支援ツールv3.02のインストーラに脆弱性があることが判明したため、平成29年5月19日(金)未明より、公開を中止しダウンロードを停止しております。

 利用者の皆様にはご迷惑、ご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げるとともに、対象となるファイルをダウンロードされた事業者の方におかれましては、大変恐縮ですが、下記(4)記載のご対応をお願いいたします。

(1)対象となるファイル及び事象

・温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度ウェブサイトの報告書作成支援ツールページ(http://ghg-santeikohyo.env.go.jp/tool)に掲載しておりました「報告書作成支援ツールver3.02(新規インストール用)」のインストーラに脆弱性があることが判明したため、平成29年5月19日(金)未明より、公開を中止しダウンロードを停止しております。

(2)対象ファイルの掲載期間

・対象ファイルは平成29年4月4日(火)~平成29年5月18日(木)の間に掲載しておりました。

(3)原因

・報告書作成支援ツールver3.02のインストーラを作成するソフトウェアのバージョンが低く、作成したインストーラに脆弱性が含まれておりました。

(4)今後の対応

①対象となるファイルをダウンロードされた事業者の方へのご対応のお願い

 大変恐縮ですが、下記のご対応をお願いいたします。

・上記ページからダウンロードされたインストールファイル(圧縮ファイル)は、コンピュータからの完全削除をお願いいたします。なお、対象となるファイルを用いてインストールされた報告書作成支援ツール自体には脆弱性はございませんので、そのままご利用頂けます。

・念のため、ウィルスデータを最新化したウィルス対策ソフトウェア等でのコンピュータのウィルス・チェックをお願いいたします。

②当該ツールのダウンロード等について

・外部のサイトに当該ツールと思われるファイルが置かれていた場合には、ダウンロード、インストールしないようお願いいたします。また、環境省に、そのことについてお知らせください。

③環境省における対応

・問題となった報告書作成支援ツールのインストーラを作成するソフトウェアのバージョンを上げ、脆弱性を取り除いたインストーラを作成した報告書作成支援ツールを、平成29年5月31日(水)までを目途に、上記ページで公表いたします。

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8249
課  長:松澤 裕(内:6736)
課長補佐:飯野 暁(内:6721)
主  査:野尻 理文(内:6790)
担  当:木口 勇気(内:7733)

ページ先頭へ