報道発表資料

平成29年5月22日
総合政策
この記事を印刷

平成28年度環境技術実証事業 実証試験結果報告書の承認及びロゴマーク交付について

 環境省は、平成28年度環境技術実証事業で実証された各分野の技術について実証試験結果報告書を承認しました。また、実証試験結果報告書を承認した実証済み技術に対し、実証番号及びロゴマークを交付しました。

1.報告書の承認・実証番号及びロゴマークの交付について

 平成28年度環境技術実証事業の対象とした技術分野のうち、8技術分野において、各分野の実証機関が実証試験を実施しました。実証試験の結果は、実証機関によって実証試験結果報告書として取りまとめられ、環境省は同報告書を承認しました。

 また、実証試験結果報告書を承認した実証対象技術に対し、実証番号及びロゴマークを交付しました(2.参照)。

 この度環境省が承認した実証済み技術の実証試験結果報告書の詳細等は、環境技術実証事業ウェブサイトの実証済み技術一覧のページ(http://www.env.go.jp/policy/etv/verified/index.html#01)に後日アップロードいたします。

 なお、環境技術実証事業による環境技術の実証試験結果報告書は、環境技術の性能の保証・認証・認可等をうたうものではなく、一定の条件下における環境技術の環境保全効果についてまとめたものです。

2.今回交付された実証番号の一覧

(1)有機性排水処理技術分野

実証申請者名

実証対象技術名

実証番号

株式会社 大都技研

厨房及び食品工場排水 油水分離回収・SS回収装置 グリスECO SS+2

020-1601

(2)自然地域トイレし尿処理技術分野

実証申請者名

実証対象技術名

実証番号

株式会社一水工業

Σシステム/Σsystem

(水使用-物理・化学処理-凝集沈殿)

030-1601

アルコ株式会社

ソフィール/Sofil

(水使用-生物処理-土壌)

030-1602

(3)ヒートアイランド対策技術分野(建築物外皮による空調負荷低減等技術)

実証申請者名

実証対象技術名

実証番号

日立マクセル株式会社

窓用日射遮蔽フィルム(内貼用) エルイーコンフォート No.6291;No.6291

051-1601

ケイミュー株式会社

屋根用高反射率瓦 コロニアル遮熱グラッサ;グラッサ・クールブルー,グラッサ・クールレッド

051-1602

ケイミュー株式会社

屋根用高反射率瓦 コロニアル遮熱グラッサ;グラッサ・クールホワイト,グラッサ・クールシルバー,グラッサ・クールオレンジ,グラッサ・クールベージュ

051-1603

(4)ヒートアイランド対策技術分野(地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システム)

実証申請者名

実証対象技術名

実証番号

ジオシステム株式会社

東京都練馬区の戸建住宅におけるタンク式地下水熱交換器を使用した地中熱空調システム

052-1601

日本ピーマック株式会社

水熱源ヒートポンプユニット再生可能エネルギー対応 WDX50BA

052-1602

(5)湖沼等水質浄化技術分野

実証申請者名

実証対象技術名

実証番号

株式会社西原環境

超高速凝集沈殿処理 アクティフロプロセス

080-1601

(6)閉鎖性海域における水環境改善技術分野

実証申請者名

実証対象技術名

実証番号

日の丸産業株式会社

日の丸方式(キレートマリン等)による環境改善技術

090-1601

(7)中小水力発電技術分野

実証申請者名

実証対象技術名

実証番号

株式会社松本鉄工所

クロスフロー式小水力発電設備

120-1601

株式会社北陸精機

パワーアルキメデス EN0018

120-1602

株式会社エリス

胸掛水車(直径3m)

120-1603

(8)テーマ自由枠

<クリーニング乾燥機の排気顕熱回収による運転負荷低減技術>

実証申請者名

実証対象技術名

実証番号

有限会社ウィンダム

クリーニング乾燥機の排熱回収による運転負荷軽減技術 熱交換ダクト 「ヒーコス」

130-1601

<使用済み紙おむつ中の高分子吸収体の脱水処理による焼却負荷低減技術>

実証申請者名

実証対象技術名

実証番号

株式会社メセナ

使用済み紙おむつ脱水脱塩処理システム

130-1602

参考)環境技術実証(ETV)事業について

 環境技術実証事業は、既に適用可能な段階にありながら、環境保全効果等についての客観的な評価が行われていないために普及が進んでいない先進的環境技術について、その環境保全効果等を第三者が客観的に実証することにより、環境技術を実証する手法・体制の確立を図るとともに、環境技術の普及を促進し、環境保全と環境産業の発展を促進することを目的とするものです。 (http://www.env.go.jp/policy/etv/)

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局総務課環境研究技術室
代表  03-3581-3351
直通  03-5521-8239
室長  太田 志津子(内線6241)
担当  高松 達朗 (内線6243)
担当  多田 悠人 (内線6244)

関連情報

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ