報道発表資料

平成29年5月12日
地球環境
この記事を印刷

平成29年度 フロン類算定漏えい量報告・公表制度説明会の開催について

 平成29年4月1日から2回目の報告が開始されている「フロン類算定漏えい量報告・公表制度」について説明会を開催いたします。

1.説明会の目的

 「フロン類算定漏えい量報告・公表制度」は、平成27年4月から施行されたフロン排出抑制法に基づく制度です。年間のフロン類の算定漏えい量が1,000t-CO2以上となる事業者は、その算定漏えい量等を国に報告する必要があり、その集計結果を国が公表します。

 本制度について、昨年度に引き続き説明会を開催しますのでお知らせします。説明会では、制度内容や算定方法などに加え、初回の報告結果や報告書への記載方法、国への報告の方法、さらに算定や報告書作成の際に利用できる「フロン類算定漏えい量報告書作成支援ツール」や「フロン法電子報告システム」の使い方等についてご説明します。

 別途、小売業・冷蔵倉庫関連業向けの業種別説明会も各1回開催予定です(6月下旬~7月上旬)。詳細は決まり次第、申込ウェブサイトを通じてお知らせします。

2.説明会の内容

 ・フロン排出抑制法の制度全般について

 ・フロン類算定漏えい量報告・公表制度について

 ・報告書作成支援ツール及び電子報告システムの使い方等について

 ・質疑応答

3.申込要領

(1)参加費 無料

(2)主な対象者 業務用冷凍空調機器(第一種特定製品)のユーザー等

  ※主として本社等のとりまとめ担当者を想定した内容を予定していますが、どなたでも申し込み可能です。

(3)会場・日程 別紙のとおり。

(4)申込ウェブサイト(申込フォーム)  http://www.mri.co.jp/semifuron201706/

(5)問い合わせ (株)三菱総合研究所「フロン類算定漏えい量報告・公表制度 事務局」

  TEL 03-6705-6143(土日祝を除く9:30~12:00及び13:00~17:00)

  メール furon-helpdesk@mri.co.jp

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
フロン対策室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8329
室長 馬場 康弘 (内線6750)
補佐 池松 達人 (内線6751)
担当 鳥居 ほのか(内線6752)

関連情報

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ