報道発表資料

平成29年4月28日
自然環境
この記事を印刷

「人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト」における平成29年度モデル事業の実施について

環境省では、平成26年6月に発表した「人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト」のアクションプランに基づき、所有者不明の猫対策、マイクロチップ等による所有明示、広域譲渡、教育活動等を推進するために、平成29年度のモデル事業を自治体等と連携して実施します。

1.目的

 環境省では、自治体に引取られた犬と猫の殺処分をできる限り減らし、最終的にはゼロにすることを目指すため、平成26年6月に発表した「人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト」のアクションプランに基づき、平成27年度から自治体等と連携して各種のモデル事業を実施しています。

 モデル事業は平成29年度まで実施し、平成30年度以降にはモデル事業の成果をとりまとめたガイドラインを作成して全国の自治体に配布する予定です。

2.平成29年度に実施するモデル事業

 所有者不明の猫対策、広域譲渡、マイクロチップ等による所有明示、保護された幼齢犬猫の対策、教育活動等を推進するために、自治体等と連携して以下のモデル事業を実施します。(詳細は別紙)

・モデル事業実施自治体

北海道(2事業)、茨城県、東京都(台東区)、神奈川県、愛知県、山口県、徳島県(2事業)、鹿児島県、千葉市、川崎市、福岡市、八王子市、長野市、鹿児島市 (14自治体、16事業)

3.今後の予定

平成29年度   モデル事業の実施、ガイドラインの検討

平成30年度以降 ガイドラインの作成、全国自治体に配布

添付資料

連絡先
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
代  表:03-3581-3351
室  長:則久 雅司(内線:6651)
室長補佐:徳田 裕之(内線:6652)
担  当:雨宮 俊 (内線:6657)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ