報道発表資料

平成29年4月18日
廃棄物 地球環境
この記事を印刷

スリランカにおけるごみ処分場堆積物崩落に対する国際緊急援助隊の派遣

 政府は、スリランカ民主社会主義共和国におけるコロンボ・ミートタムッラ(Meethotamulla)ごみ処分場堆積物崩落被害に対し、同国政府からの要請を受け、国際緊急援助隊(専門家チーム)を派遣することを決定しました。同チームは19日に現地に向けて出発する予定です。
 環境省からもこの国際緊急援助隊に職員が参加します。

<外務省同時発表>

1 概要

(1)派遣先  スリランカ民主社会主義共和国 コロンボ

ミートタムッラ(Meethotamulla)

(2)出発日  4月19日

(3)参加職員

地球環境局国際連携課課長補佐 杉本留三

廃棄物・リサイクル対策部適正処理・不法投棄対策室室長補佐 工藤俊祐

2 経緯

 現地時間4月14日にコロンボ市北東部のミートタムッラごみ処分場にて堆積物が崩落し,死傷者を含む多数の被災民と物的被害をもたらしました。スリランカ政府によると、4月17日時点の被害状況は、死者28人、負傷者11人、被災者は約980人に上っています。

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課
代表:03-3581-3351
直通:03-5501-3156
課長:中尾 豊(内線 6871)
課長補佐:相澤 寛史(内線 6872)
係長:久野 洋二郎(内線 6883)

環境省地球環境局国際連携課
直通:03-5521-8248
課長:関谷 毅史(内線 6760)
課長補佐:杉本 留三(内線 6726)

ページ先頭へ