報道発表資料

平成29年4月24日
地球環境
この記事を印刷

日本国環境省とインドネシア共和国環境林業省との環境協力に関する協力覚書署名について

 4月10日、山本環境大臣は、インドネシア共和国環境林業省シティ・ヌルバヤ大臣と、環境分野における両省間の協力を強化、促進、発展させることを目的とした、大気、土壌、水の汚染防止、海洋汚染防止、気候変動、有害物質管理、固形廃棄物・有害廃棄物管理等を含む、環境協力に関する協力覚書に署名しました。環境分野での協力については、2012年に、インドネシア旧環境省と署名した協力覚書に続き、二度目となります。
 今後は、今般署名された覚書をベースに、両省間で、一層、包括的且つ効果的な協力を実施していきます。

協力覚書の概要

1. 目的

環境分野における日本国環境省とインドネシア共和国環境林業省間の協力を強化、促進、発展させること。

2. 協力分野

(1) 汚染防止(大気、土壌、水)

(2) 海洋汚染防止

(3) 気候変動、特に政策枠組の強化、温室効果ガスインベントリ強化、災害リスク管理に関する適応支援

(4) 有害物質管理

(5) 固形廃棄物と有害廃棄物管理

(6) エコツーリズムの開発

(7) 環境技術

(8) 泥炭管理

(9) 持続可能な湖の管理

(10)法の施行

3. 協力の形態

両省間での対話、情報交換、能力構築(シンポジウム、セミナー等を含む)、実証事業の支援等

4. 期間

2017年4月10日より4年間

5. 覚書の全文

別添(英文及び和文仮訳)

添付資料

連絡先
環境省
地球環境局 国際連携課 国際協力室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8248
室長  水谷 好洋 (内線6765)   
課長補佐 掛川 三千代(内線7723)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ