報道発表資料

平成29年7月20日
地球環境
この記事を印刷

平成28年度環境省補助事業「業務用ビル等における省CO2促進事業」におけるZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の導入事例のご紹介

 環境省では、ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)の普及促進に向け、「平成28年度業務用ビル等における省CO2促進事業」を実施しました。ZEBとは、室内環境の質を維持しつつ、50%以上の省エネを満たしたうえで、太陽光発電等の再生可能エネルギーの活用などによりエネルギーを創ることで、正味(ネット)でゼロ・エネルギーを目指すビルです。
 今回、本補助事業を活用してZEB化を実現した3件の事例、四国銀行潮江支店(高知県高知市)、藤崎建設工業本社ビル(茨城県行方市)、柏崎海洋センター(新潟県柏崎市)をご紹介いたします。本事例を通じて得られた知見を中小規模業務用ビルや地方公共団体の各種施設のZEB実現のモデルケースとして展開することで、ZEB等の先進的な業務用ビル等の実現と普及拡大をより一層進めてまいります。

1.環境省補助事業「業務用ビル等における省CO2促進事業」について

 環境省では、地球温暖化対策計画の目標達成に向けた、業務部門の大幅な温室効果ガス排出量の抑制を進めるため、業務用ビル等のうち地方公共団体が設置する建築物や延べ床面積2,000m2未満の民間建築物を対象とした補助事業「平成28年度業務用ビル等における省CO2促進事業(ZEB実現に向けた先進的省エネルギー建築物実証事業)」(経済産業省連携事業)を実施しました。

 今回、平成28年度にZEB事業として採択した12件のうち、利用が開始されている3件の事例、四国銀行潮江支店、藤崎建設工業本社ビル、柏崎海洋センターについてご紹介いたします。

2.平成28年度 ZEBの導入事例

2.1.四国銀行潮江支店(高知県高知市) 

 四国銀行潮江支店では、断熱等による外皮性能の向上、高効率省エネ機器の導入により、基準一次エネルギー消費量に対する設計一次エネルギー消費量削減率(以下「省エネ率」という。)は52%、太陽光発電による創エネを考慮した場合の省エネ率は65%となり、ZEB Ready(省エネ率50%以上75%未満)を達成する見込みです。

【四国銀行潮江支店 外観】          【四国銀行潮江支店 内観】

四国銀行潮江支店

 

【四国銀行潮江支店 事業概要】

項目

内容

建物概要

名称

所在地

建物用途

構造

階数

延床面積

新築/改築

四国銀行潮江支店

高知県高知市

事務所等

RC造

地上3階

1,881m2

新築

導入設備

外皮性能

省エネ

創エネ

屋根断熱、外壁断熱、Low-e複層ガラス

ビル用マルチエアコン、全熱交換換気扇、

LED照明器具(調光制御、人感センサー)

太陽光発電(20.8kW)

導入効果

(設計値)

外皮性能削減率[%]

省エネ率 [%]

ZEB達成度

32%

52%

65%(創エネを考慮した場合)

ZEB Ready(注1)

2.2.藤崎建設工業本社ビル(茨城県行方市)

 藤崎建設工業本社ビルでは、太陽追尾式外付けブラインド、断熱等による外皮性能の向上、井水利用空調設備、太陽熱給湯設備等の導入により、省エネ率は51%、太陽光発電による創エネを考慮した場合の省エネ率は107%となり、年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスとなる『ZEB』(省エネ率100%以上)を達成する見込みです。

  【藤崎建設工業 本社ビル】       【 藤崎建設工業 本社ビル 内観】          (外観、太陽追尾式外付けブラインド)

 藤崎建設工業 本社ビル

【藤崎建設工業本社ビル 事業概要】

項目

内容

建物概要

名称

所在地

建物用途

構造

階数

延床面積

新築/改築

藤崎建設工業株式会社本社ビル

茨城県行方市

事務所等

鉄骨造

地上3階

651m2

新築

導入設備

外皮性能

省エネ

創エネ

屋根断熱、外壁断熱、Low-e複層ガラス、

外付けブラインド(太陽追尾式)

井水利用空調設備、高効率空調

全熱交換器、太陽熱給湯設備、

LED照明器具(人感センサー、明るさ検知制御)

太陽光発電(46kW)、蓄電池

導入効果

(設計値)

外皮性能削減率[%]

省エネ率 [%]

ZEB達成度

39%

51%

107%(創エネを考慮した場合)

ZEB』(注1)

2.3.柏崎海洋センター(新潟県柏崎市)

 柏崎市が設置する柏崎海洋センターは、昨年度採択した中で、唯一の改築によるZEBの導入事例です。高効率機器、高COP型ヒートポンプ、ペレットストーブ等の導入により、省エネ率は51%となり、ZEB Ready(省エネ率50%以上75%未満)を達成する見込みです。また、排熱を利用したコージェネレーションシステムにより、年間の一次エネルギー使用量のさらなる削減が期待されます。

【柏崎海洋センター 外観】      【 導入設備(コージェネレーションシステム)】

柏崎海洋センター

【柏崎海洋センター 事業概要】

項目

内容

建物概要

名称

所在地

建物用途

構造

階数

延床面積

新築/改築

柏崎海洋センター

新潟県柏崎市

ホテル等

RC造

地上3階

2,949m2

改築

導入設備

外皮性能

省エネ

 創エネ

高性能遮熱断熱サッシ、Low-e複層ガラス、

冷温水発生器、冷却水処理装置、空冷ヒートポンプ、

冷却水、温水循環ポンプ、熱交換器、

LED照明器具(調光制御)、ペレットストーブ

コージェネレーション・システム(排熱利用)

導入効果

(設計値)

外皮性能削減率[%]

省エネ率 [%]

ZEB達成度

12%

51%

ZEB Ready(注1)

 環境省では、上記の事例を通じて得られた知見を中小規模業務用ビル、地方公共団体が所有する各種施設におけるZEB実現のモデルケースとして展開することで、ZEBのさらなる普及拡大を進めます。

 また、平成29年度は「業務用施設等における省CO2促進事業(注2)」として、引き続きZEB等の先進的な業務用ビルに対する支援を行ってまいります。

 なお、延べ床面積2,000m2以上の民間建築物については、経済産業省にて、「平成29年度ネット・ゼロ・エネルギービル(ZEB)実証事業」(注3)として支援を行います。

(注1)省エネ率に応じたZEBの分類

名称

定義

省エネ率[%]

(設計一次エネルギー消費量に対する

基準一次エネルギー消費量削減率)

創エネ除く

創エネ含む

ZEB

年間の一次エネルギー消費量が正味

ゼロまたはマイナスの建築物

50%以上

100%以上

Nearly ZEB

ZEB Ready の要件を満たしつつ、再生

可能エネルギーにより年間の一次エネル

ギー消費量をゼロに近づけた建築物

75%以上

100%未満

ZEB Ready

外皮の高断熱化及び高効率な省エネル

ギー設備等を備えた建築部物

50%以上

75%未満

【ZEBの定義(イメージ図)(出典:ZEBロードマップ検討委員会とりまとめ(経済産業省)】

ZEBの定義(イメージ図)

(注2)環境省補助事業 『平成29年度業務用施設等における省CO2促進事業』

 業務用施設等の大幅な低炭素化を目指し、ZEB等の先進的な業務用ビルの実現と普及拡大を目指す事業及びテナントビル、福祉施設、駅舎等の既存の業務用施設等の省CO2化を促進する事業に対し、支援します。

お問合せ先: 一般社団法人静岡県環境資源協会(http://www.siz-kankyou.jp/).

(注3)経済産業省補助事業『平成29年度ネット・ゼロ・エネルギービル(ZEB)実証事業』

 お問合せ先:一般社団法人環境共創イニシアチブ(http://sii.or.jp/

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室
直  通  03-5521-8355      
代  表  03-3581-3351
室  長  水谷 好洋 (内線6771)
室長補佐  高橋 和紀 (内線6759)
係  長  西山 卓也 (内線6729)
担  当  前田 修二 (内線7720)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ