報道発表資料

平成29年4月20日
大気環境
この記事を印刷

環境省熱中症予防情報サイトにおける暑さ指数の情報提供について

環境省では、熱中症を未然に防止するため、「環境省熱中症予防情報サイト」を設置し、熱中症へのかかりやすさを示す暑さ指数(WBGT:湿球黒球温度)の予測値・実況値の提供を行っています。
今年度は4月20日(木)~9月29日(金)まで情報提供を行います。

1.目的

 

 近年、地球温暖化やヒートアイランド現象に伴って、都市部を中心に暑熱環境が悪化し、熱中症の発生が数多く報告されています。

 これらに対応するため、環境省では平成18年度から、熱中症予防情報(暑さ指数(WBGT)予測情報)を提供するホームページを運営しています。サイトへのアクセス数は、平成28年度は約1150万件であり、引き続き多くの方々にご利用いただいています。

暑さ指数(WBGT:Wet Bulb Globe Temperature)とは?

 人体に与える影響の大きい①湿度、②日射等からの輻射熱(黒球温度)、③気温の3つを取り入れた指標です。気温と異なり人体と外気との熱収支に着目した指標で、労働環境や運動環境の指針としてISO等で規格化されています。(別紙1参照)

(算出方法)

屋外:WBGT = 0.7×湿球温度+0.2×黒球温度+0.1×乾球温度

2.提供する情報等について

(1)提供情報サイト

  「環境省熱中症予防情報サイト」

  (PC)http://www.wbgt.env.go.jp/

  (スマートフォン)http://www.wbgt.env.go.jp/sp/

  (携帯電話)http://www.wbgt.env.go.jp/kt/

(2)提供期間

   平成29年4月20日(木)~9月29日(金)まで(予定)

(3)提供情報

   ①約840地点の暑さ指数(WBGT)の予測値及び実況値

    ○予測値:当日、翌日、翌々日(深夜0時まで)の3時間毎の予測値

    ○実況値:現在の暑さ指数の実況推定値(実測地点においては実測値)を1時間ごとに算出

    *WBGTの実測地点:札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、鹿児島等全国9地点

   ②暑さ指数の個人向けメール配信サービス(無料)の提供

    暑さ指数(WBGT)参考値の提供

   ③暑さ指数と熱中症救急搬送人員数の関係について(週報)

   ④過去の暑さ指数のCSVデータの提供

   ⑤「まちなかの暑さ対策ガイドライン」など暑熱対策技術の紹介

   ⑥「熱中症環境保健マニュアル」など熱中症対策に関する普及啓発資料

   ⑦熱中症に関する関係省庁の取組

(4)「環境省熱中症予防情報サイト」の構成

   別紙2参照

3.暑さ指数(WBGT)予測値等 電子情報提供サービスについて

 企業・個人等のウェブサイトやメールマガジン等で暑さ指数(WBGT)の情報提供を行う方向けに、全国の暑さ指数(WBGT)の予測値及び実況値を電子情報のCSV形式にて提供しています(暑さ指数予測値等電子情報提供サービス)。

4.個人向けメール配信サービス(無料)について (別紙2参照)

 本サービスは、環境省が「環境省熱中症予防情報サイト」にて提供している暑さ指数(WBGT)の予測値及び実況値を、メール配信を行うバイザー(株)が運営する高速メール配信システム「すぐメール」により個人向けに配信するサービスです。

 利用を希望される方は、「環境省熱中症予防情報サイト」のリンクページからバイザー(株)のサイト上の利用規約をお読みいただき、同意の上、お申し込みいただくようお願いいたします。

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局大気生活環境室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8300
室長   行木美弥(内線6540)
室長補佐 長谷川学(内線6541)
調整係  横江れんげ(内線6578)

環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8261
課長   瀧口博明(内線6350)
課長補佐 立石悠基(内線6365)
企画係  村濱日奈子(内線6351)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ