報道発表資料

平成29年4月10日
廃棄物
この記事を印刷

平成29年度「我が国循環産業海外展開事業化促進業務」及び「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(我が国循環産業の戦略的国際展開による海外でのCO2削減支援事業)」対象事業の選定結果について

 環境省では平成23年度より、循環産業を我が国の優れたインフラ関連産業の一つとして捉え、その育成・海外展開促進に積極的に取り組んできました。
 このたび、「我が国循環産業海外展開事業化促進業務」及び「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(我が国循環産業の戦略的国際展開による海外でのCO2削減支援事業)」を公募したところ、計20件の応募があり、厳正な審査の結果、対象事業として「我が国循環産業海外展開事業化促進業務」8件及び「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(我が国循環産業の戦略的国際展開による海外でのCO2削減支援事業)」5件を選定しましたのでお知らせします。

環境省では平成23年度より「日系静脈産業メジャーの育成・海外展開促進事業」を開始し、循環産業の育成・海外展開促進に取り組んできました。平成25年度からは「我が国循環産業の戦略的国際展開・育成事業」と名を改め、我が国自治体や関係機関と連携しつつ、廃棄物処理やリサイクルに係る二国間協力・多国間協力と有機的に結びつけ、我が国の優れたインフラ関連産業の一つとして循環産業の海外展開を積極的に促進しています。

このたび、この事業の一環として、我が国の循環産業による廃棄物処理・リサイクル分野における具体的な海外展開を計画する事業について実現可能性調査等を実施するため、平成29年度における「我が国循環産業海外展開事業化促進業務」及びエネルギー起源CO2の排出抑制削減に資する事業を対象とした「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(我が国循環産業の戦略的国際展開による海外でのCO2削減支援事業)」について、平成29年2月16日から3月13日まで公募しました。

公募の結果、計20件の応募があり、これらの中から、有識者で構成された「対象事業選定・評価専門家会合」による審査を行い、別紙の通り、対象事業として「我が国循環産業海外展開事業化促進業務」8件(うちこれまで本事業で申請者となっていなかった新規の事業者による事業5件)及び「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(我が国循環産業の戦略的国際展開による海外でのCO2削減支援事業)」5件(新規の事業者による事業1件)を選定しましたのでお知らせします。

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課循環型社会推進室
企画官  小野 洋 (内線 6811)
課長補佐 須賀 義徳(内線 6814)
係長   横田 裕子(内線 7857)
担当   草場 孝仁(内線 6808)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ