報道発表資料

平成20年11月7日
保健対策
この記事を印刷

「環境省エコインターンシップ シンポジウム2008」の開催について(お知らせ)

 環境省では、大学生・大学院生が企業における環境管理に関する業務を体験する機会を提供する「エコインターンシップ プログラム」を平成19年度より実施しています。
 このプログラムの一環として、主として就職を控えた大学生や大学院生に、「環境に配慮した働き方」について理解を深めていただくことを目的として、平成20年12月21日(日)午後に東京国際フォーラムで「環境省エコインターンシップ シンポジウム2008」を開催いたします。シンポジウムでは、基調講演、インターンシップの活動報告及びパネルディスカッションを実施いたします。参加費は無料です。多数の皆様の御参加をお待ちしています。

1.開催の趣旨

 環境省では、企業と大学の協力により、将来の環境人材を育成するための取組として、大学生・大学院生を企業の環境管理部門へインターンシップ生として派遣し、企業における環境管理に関する業務を体験してもらう「環境省エコインターンシップ プログラム」を平成19年度より実施しています。このプログラムでは、これから社会人となる学生が、実際に企業で環境管理についての業務の一端を体験することによって、企業が取り組む具体的な環境対策等について理解を深めるとともに、環境問題について考えながら働くことや、環境問題を解決するための社会のあり方などについて考える機会を提供することを目的としています。
(ウェブサイト:http://www.env.go.jp/chemi/kagaku/ecointernship/index.html)  平成20年度は、企業の一般的な環境対策業務を対象として受入企業を募集しました。応募のあった下記の10社の協力を得て、8月から10月の間にかけて、各社に数名の学生を派遣し、2〜3週間のインターンシップを実施しました。

<平成20年度受入企業>
旭硝子株式会社、花王株式会社、カシオ計算機株式会社、住友化学株式会社、住友スリーエム株式会社、セイコーエプソン株式会社、積水化学工業株式会社、株式会社東芝 セミコンダクター社、株式会社ブリヂストン、株式会社村田製作所(五十音順)

 そこで、主として就職を控えた大学生・大学院生等を中心に、広く企業や社会に対して「環境のことを考えて働く」ことの重要性や、それを実践することの意義を認識してもらう機会を提供するために、基調講演、インターンシップに参加した学生からの活動報告及びパネルディスカッションから成る公開シンポジウムを平成20年12月21日(日)午後に東京国際フォーラムにて開催いたします。

2.開催の概要

○名称:
『環境省エコインターンシップ シンポジウム2008』
〜「今考えよう。環境+未来の自分の働き方」〜
○日時:
平成20年12月21日(日)13:00〜16:00(12:30開場)
○場所:
東京国際フォーラム ホールD7
http://www.t-i-forum.co.jp/function/map/index.html
「有楽町駅」徒歩1分、「東京駅」徒歩5分
○定員:
200名
○参加者:
学生、企業の人事部門・環境管理部門の担当者、一般市民の方
○参加費:
無料(事前申込制)
○プログラム案
13:00〜13:05 開会挨拶
原 徳壽 環境省環境保健部長
13:05〜13:35 基調講演『地球環境問題の現状と「個人」そして「企業」ができること(仮題)』
北野 大氏 (明治大学教授)
13:35〜14:25 平成20年度エコインターンシッププログラム活動報告(1)
[1]エコインターンシッププログラムの概要(環境省)
[2]インターンシップ報告(1)(インターンシップに参加した学生)
14:25〜14:35 休憩
14:35〜15:15 平成20年度エコインターンシッププログラム活動報告(2)
[3]インターンシップ報告(2)(インターンシップに参加した学生)
15:15〜15:55 パネルディスカッション
テーマ『環境に配慮した社会に向けた「仕事」のあり方』(仮)
<パネリスト>
・末吉 竹二郎氏(国連環境計画 金融イニシアチブ特別顧問)
・安井 至氏(国際連合大学名誉副学長)
・桶谷 省氏(積水化学工業株式会社)
<コーディネータ>
・草野 満代氏(キャスター)
15:55〜16:00 閉会挨拶
戸田 英作 環境省環境保健部化学物質審査室長

* プログラムの内容及び講演者は予告なく変更になることがあります。御了承ください。

3.参加申込方法

参加を希望される方は、平成20年12月18日(木)12時まで(必着)に、インターネット、FAX又は郵送にてお申し込みください。

○インターネットからの場合
エコインターンシッププログラムウェブサイトからお申し込みください。
 http://www.env.go.jp/chemi/kagaku/ecointernship/symposium/index.html
○FAX・郵送の場合
別紙のシンポジウム申込書に必要事項を御記入の上、下記送付先までお送りください。

送付先

FAX:
03-3234-5407
郵送:
〒102-0081 東京都千代田区四番町8-19
社団法人環境情報科学センター内
「環境省エコインターンシップシンポジウム申込」係

注意事項

  • 申込みは、参加希望者1人につき1回とさせていただきます。
  • 万一、定員を超えた場合には、抽選となりますので、あらかじめご了承ください。
  • マスコミ関係の方は、取材登録をお願い致します。12月18日(木)までに、問い合わせ先まで電子メール又はFAXにてお申し込みください。カメラ撮りを御希望の方は、その旨もお申し出ください。
【シンポジウム参加申込みに関する問い合わせ先】
社団法人環境情報科学センター内
「環境省エコインターンシッププログラム事務局」
〒102-0081 東京都千代田区四番町8番19号 番町ポンピアンビル 
電話:03-3265-4000、FAX:03-3234-5407
E-mail:ecoship-sympo@ceis.or.jp 

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境保健企画管理課化学物質審査室
代表:03−3581−3351
室長 戸田 英作 (内線6309)
補佐 木野 修宏 (内線6324)
担当 末次 貴志子(内線6329)
環境経済課環境教育推進室
補佐 中島 恵理 (内線6267)
担当 有井 大介 (内線6272)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ