報道発表資料

平成29年3月13日
大気環境
この記事を印刷

平成26年度大気汚染物質排出量総合調査結果について

 環境省では、全国の大気汚染防止法の規制対象工場・事業場から排出される硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)及びばいじんの排出量等の動向を把握して、今後の大気環境行政の推進を図るための基礎資料とすることを目的として、3年に1度、大気汚染物質排出量総合調査を実施しており、この度、平成26年度の調査結果をとりまとめました。
 平成26年度におけるSOx排出量は14,357千m3N/年、NOx排出量は307,342千m3N/年、ばいじん排出量は35,986トン/年でした。

1.調査目的

 本調査は、全国の大気汚染防止法の規制対象工場・事業場から排出される硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)及びばいじんの排出量等の動向を把握して、今後の大気環境行政の推進を図るための基礎資料とすることを目的としています。

2.調査対象施設

・ 大気汚染防止法第2条第2項に規定する「ばい煙発生施設」

・ 電気事業法に規定する電気工作物である「ばい煙発生施設」

・ ガス事業法に規定するガス工作物である「ばい煙発生施設」

・ 鉱山保安法に規定する鉱煙発生施設である「ばい煙発生施設」

3.調査対象期間

平成26年4月1日から平成27年3月31日

4.調査方法

 調査対象施設を設置する全工場・事業場に、環境省及び一部自治体から調査票を配布し、回答を求めるアンケート方式で実施。

5.調査項目

(1)ばい煙発生施設の情報(業種、施設種類、排出ガス量等)

(2)ばい煙(SOx、NOx及びばいじん)の排出量等

6.調査結果の概要

 SOx   : 年間排出量は142,357千m3で平成23年度実績(143,843千m3)と比べると1%減

  NOx   : 年間排出量は307,342千m3で平成23年度実績(339,118千m3)と比べると9%減

 ばいじん: 年間排出量は 35,986トンで平成23年度実績(36,529トン)と比べると1%減

  ばい煙年間排出量の推移は図1のとおり。

ばい煙年間排出量の推移

図1 ばい煙年間排出量の推移

7.調査結果の詳細

  別紙概要のとおり。

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局大気環境課
代表   03-3581-3351
課長   瀧口 博明 (内線6530)
課長補佐 廣田 由紀 (内線6533)
担当   五十嵐 俊則 (内線6536)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ