報道発表資料

平成29年2月21日
自然環境
この記事を印刷

生物多様性および生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(IPBES)第5回総会及び報告会の開催について

 生物多様性および生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム(IPBES※)第5回総会が、平成29年3月7日(火)から10日(金)までの間、ボン(ドイツ)にて開催されます。
 IPBESでは侵略的外来種や生物多様性の持続可能な利用を含む18の成果物の完成を目指し作業が進められており、2019年には地球規模の生物多様性および生態系サービス(自然とその恵み)に関するアセスメントの公表が予定されています。
 今次会合では、18の成果物の中から、生物多様性の持続可能な利用に関するアセスメントの枠組みやその他アセスメントの実施などについて議論される予定です。
 また、環境省主催の報告会を平成29年3月22日(水)に開催します。本報告会は、科学と政策のつながり強化を目的として設立された政府間組織であるIPBESの最新情報の提供の機会ともなります。

※IPBES(Intergovernmental science-policy Platform on Biodiversity and Ecosystem Services)
 
 生物多様性および生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(IPBES)は、生物多様性と生態系サービスに関する動向を科学的に評価(アセスメント)し、科学と政策のつながりを強化する政府間のプラットフォームとして、2012年4月に設立された政府間組織です。科学的評価、能力開発、知見生成、政策立案支援の4つの機能を柱とし、気候変動分野で同様の活動を進めるIPCCの例から、生物多様性版のIPCCと呼ばれることもあります。
 IPBES作業計画2014-2018に基づき、2017年に公表された花粉媒介についてのアセスメントなどの他、侵略的外来種や生物多様性の持続可能な利用を含む計18の成果物の完成を目指し作業が進められており、2019年には地球規模の生物多様性および生態系サービスに関するアセスメントの公表が予定されています。
 IPBESの成果物(アセスメントレポートなど)は世界中の科学者・専門家らによって作成され、総会(IPBES加盟国政府により構成)による承認の後、公表されます。2017年2月6日現在、IPBESには126ヶ国政府が参加しており、事務局はボンに置かれています。

1.会議の概要

○ 会議名称
[日本語] 生物多様性および生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(IPBES)第5回総会
[英 語] Plenary of the Intergovernmental Science-Policy Platform on Biodiversity and Ecosystem Services Fifth Session
○ 開催期間 平成29年3月7日(火)~10日(金)
○ 場所   ボン(ドイツ)
○ 参加者  IPBESに参加している各国政府、国連環境計画など関連する国際機関など
○ 主な議題
・生物多様性の持続可能な利用に関するテーマ別アセスメントの(再)スコーピング
・自然とその便益に関する多様な価値観の概念化、侵略的外来種および生物多様性の持続可能な利用に関する各アセスメントの実施
・IPBES作業計画2014-2018の履行、2017-2018年予算および第2期作業計画の策定プロセス など

2.報告会の概要

○ 日時 平成29年3月22日(水)13:30~14:30(受付開始13:00)
○ 場所 「フクラシア東京ステーション」6A会議室
東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル6F
(JR東京駅地下直結日本橋口徒歩1分/地下鉄大手町駅B6出口直結)
https://www.fukuracia-tokyo.jp/access/

○ 主催 環境省

○ 内容 IPBES第5回総会(平成29年3月7日~10日までドイツにて開催)について、以下の内容にて会議出席者より報告するもの。

(1)IPBES第5回総会の概要
(2)IPBES第5回総会報告(学際的専門家パネル(MEP)の視点から)
(3)先住民族と地域住民の知識体系、能力強化及び政策支援ツールと方法論等に関する専門家所見
(4)作業計画への日本の貢献に関する専門家所見
(5)その他

○ 報告者(予定) (敬称略、発表順)
中尾 文子 環境省自然環境局 生物多様性地球戦略企画室長
白山 義久 独立行政法人海洋研究開発機構 理事
香坂 玲  東北大学大学院 環境科学研究科 教授
松田 裕之 横浜国立大学大学院 環境情報研究院 教授

3.報告会参加申し込み要領

参加費無料となっております。参加を希望される方は下記要領に従ってお申込みください。

(1)申込方法
・下記宛てにE-mail又はFAXでお申し込みください。(電話でのお申込みはご遠慮ください。)
・席に限りがございますので(30席程度)、参加希望者が多数の場合、先着順とさせていただきます。
・お申込みの際には、表題に「第5回IPBES総会報告会 参加申込」と明記し、[1]氏名(ふりがな)、[2]電話番号、[3]FAX番号(もしくはE-mailアドレス)、[4]勤務先又は所属団体をご記入ください。なお、複数名のご参加の場合は、お一人ずつご記入ください。
申込締切は平成29年38日(水)12必着です。
・申し込みいただいた方には返信により参加票を送付しますので、当日必ずお持ちくださるようお願いいたします。

(2)報道関係者の方へ
・取材ご希望の方も下記申し込み先までご連絡ください。
・カメラ撮影を希望の場合は、その旨を記載してください。
・カメラ撮りに際しては、自社腕章を携帯していただくようお願いします。
・当日は受付にて記者証をご提示いただきますようお願いします。
・一般参加者とは別に席を用意しますが、満席となった場合はお立ちいただく場合もありますので、あらかじめご了承ください。

■参加申込先

公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)

担当:渡邉 純子

E-mail:nre-info@iges.or.jp

TEL:046-855-3880

※個人情報は当該参加受付の目的のみに利用し、安全管理いたします。環境省以外の第三者に開示することはございません。

【参考】

IPBES webサイト http://www.ipbes.net/
環境省webサイト http://www.biodic.go.jp/biodiversity/activity/policy/ipbes/index.html

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性地球戦略企画室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8275
室長   中尾 文子(内 6480)
室長補佐 田端 朗子(内 6484)
室長補佐 大澤 隆文(内 6485)

ページ先頭へ