報道発表資料

平成29年2月23日
廃棄物
この記事を印刷

第一回 日韓局長級環境政策対話を開催しました

 平成29年2月20日、東京にて第一回日韓局長級環境政策対話を開催しました。韓国からキム・ドンジン環境部資源循環局長ほか、日本からは中井徳太郎環境省廃棄物・リサイクル対策部長ほかが参加し、資源循環・3R政策の状況やエコタウン(日本)/エコエナジータウン(韓国)等のテーマについて、情報共有および意見交換を行いました。

1.経緯・概要

 平成28年4月26~27日の第18回日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM18)時に開催された日韓環境大臣会談にて、韓国より、日韓両国が関心を持つ課題について局長レベルの政策対話を定期的に開催したいとの提案があり、丸川大臣(当時)も賛同しました。その後、事務レベルで調整を行い、この度の開催に至りました。

 韓国からキム・ドンジン環境部資源循環局長ほか、日本からは中井徳太郎環境省廃棄物・リサイクル対策部長ほかが参加し、資源循環・3R政策の状況やエコタウン(日本)/エコエナジータウン(韓国)等のテーマについて、情報共有および意見交換を行いました。今後も、両国間の政策対話を継続することとしています。

2.開催日程

平成29年2月20()

※翌2月21日()はリサイクル関連施設の視察等を実施。

3.開催場所

環境省会議室

4.出席者

(日本)環境省 中井 徳太郎 廃棄物・リサイクル対策部長 他

(韓国)環境部 キム・ドンジン 資源循環局長 他

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課循環型社会推進室
直通 03-5521-8336
代表 03-3581-3351
企画官  小野 洋  (内線 6811)
室長補佐 須賀義徳  (内線 6814)
担当   森 光金  (内線 6819)

ページ先頭へ