報道発表資料

平成29年2月10日
廃棄物
この記事を印刷

「微量PCB含有電気機器課電自然循環洗浄実施手順書の一部を改正する案」に対する意見募集(パブリックコメント)について

 経済産業省及び環境省は、課電自然循環洗浄法を用いた微量PCB含有電気機器の使用中の洗浄処理を行う事について、「微量PCB含有電気機器課電自然循環洗浄実施手順書の一部を改正する案」を取りまとめました。本改正案について、広く国民の皆様から御意見をお聞きするため、平成29年2月10日(金)から3月12日(日)までの間、意見の募集(パブリックコメント)を行います。

1.背景・趣旨

 ポリ塩化ビフェニル(以下、「PCB」という。)は、人の健康及び生活環境に係る被害を生ずるおそれがある物質であり、ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(平成13年法律第65号。以下「PCB特措法」という。)により、高濃度PCB廃棄物は各地域の計画的処理完了期限までに、低濃度PCB廃棄物は平成39年3月末までに処理することが求められています。

 現在使用中の変圧器には、その絶縁油内にPCBを微量に含有しているものがあり、これらはいずれ廃棄物となった際には低濃度PCB廃棄物に該当するため、使用中の段階から対策を進めていくことが必要です。

 この微量PCB汚染絶縁油を含有している使用中の変圧器(以下「微量PCB含有変圧器」という。)は、一般に高濃度PCB使用製品に比べて新しく、寿命を十分残した使用中のものが多数存在することから、経済産業省及び環境省では、使用中の微量PCB含有変圧器からPCBを除去する課電自然循環洗浄法について、環境保全及び電気保安を確保した具体的な洗浄手順について検討を行い、平成27年3月に「微量PCB含有電気機器課電自然循環洗浄実施手順書」を取りまとめました。

 一方、平成28年5月のPCB特措法の一部改正により、これまでの環境大臣が定める計画から閣議決定計画に位置づけが改められたPCB廃棄物処理基本計画において、低濃度PCB廃棄物の処理がさらに合理的に進むよう、課電自然循環洗浄法等の対象範囲の拡大について検討することが求められています。

 これを踏まえ、経済産業省及び環境省は、学識者、関係産業界等を委員とした「微量PCB廃棄物等の適正処理に関する研究会」を開催し、これまでの洗浄法が変圧器全体のみを対象としていたのに対し、洗浄可能な部位別に洗浄を行う際の具体的な洗浄手順について検討を行い、今般、手順書の改正案を取りまとめたところです。

 つきましては、広く国民の皆様から御意見をいただきたく、以下の要領で意見の募集をいたします。

2. 意見募集の対象

【別添】微量PCB含有電気機器課電自然循環洗浄実施手順書の一部を改正する案

3.参考

○ ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(平成13年法律第65号)
 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H13/H13HO065.html

○ ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理基本計画
http://www.env.go.jp/recycle/poly/keikaku/280726.pdf

4.意見募集要項

(1)意見募集対象

【別添】微量PCB含有電気機器課電自然循環洗浄実施手順書の一部を改正する案

(2)意見募集期間

平成29年2月10日(金)~ 平成29年3月12日(日)

(3)意見提出方法

次の様式により、郵送、ファックス又は電子メールのいずれかの方法で提出してください。

(意見提出様式)
[件名]「微量PCB含有電気機器課電自然循環洗浄実施手順書の一部を改正する案」に対する意見」

(郵送の場合は、封筒に件名を赤字で記載して下さい。)

[氏名](※企業・団体の場合は、企業・団体名、部署名及び担当者名)
[住所]
[電話番号]
[ファックス番号]

[メールアドレス]
[意見]

・該当箇所(※どの部分についてか該当箇所が分かるように明記してください)

・意見内容

・理由(※根拠となる出典等を添付又は併記してください)

(注意事項)

・御意見は日本語で提出してください。
・郵送又はFAXの場合は、A4判の用紙にて提出ください。
・電話や匿名での意見提出はお受けいたしかねますので御了承ください。

(4)意見提出先 (以下のいずれかの提出先にご提出いただければ構いません。)

 ○経済産業省産業技術環境局環境政策課環境指導室
郵送の場合 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1
ファックスの場合 03-3580-6329
電子メールの場合 kankyo-shidoshitsu@meti.go.jp

 ○経済産業省商務流通保安グループ電力安全課
郵送の場合 〒 100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1
ファックスの場合 03-3580-8486
電子メールの場合 denanka-pabukome@meti.go.jp

 ○環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部 産業廃棄物課
郵送の場合 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
ファックスの場合 03-3593-8264
電子メールの場合 PCB@env.go.jp

(5)資料の入手方法
①インターネットによる閲覧
・環境省ホームページ(http://www.env.go.jp/press/index.html) 
・電子政府の総合窓口[e-Gov]
②郵送による送付
郵送による送付を希望される方は、82円切手を貼付し、宛先に送付先の郵便番号、住所及び氏名を明記した返信用封筒(定型封筒)を同封の上、『微量PCB含有電気機器課電自然循環洗浄実施手順書の一部を改正する案「関係資料希望』と封筒表面に明記し、上記「4.(4)「意見提出先」の郵送の場合の宛先まで送付してください。
切手が貼付された返信用封筒が同封されていない場合は受け付けかねますので、あらかじめ御了承願います。

(注意事項)

  • 御提出いただきました意見については、氏名、住所、電話番号等個人情報に関する事項を除き、全て公開される可能性があることをあらかじめ御了承願います。

  • 皆様からいただいた意見に対し、個別にお答えすることはできませんので、その旨御了承願います。

  • ご提出された意見については意見提出先の課室で共有させていただきます。

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課
代表:03-3581-3351
直通:03-5501-3156
課長:中尾  豊(内線 6871)
補佐:福井 和樹(内線 7871)
担当:平塚 寛人(内線 6880)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ