報道発表資料

平成29年1月30日
地球環境
この記事を印刷

「CDPサプライチェーン・アジアサミット2017」の開催について

 平成29年2月23日(木)環境省、国連大学サステイナビリティ高等研究所、CDPの共催による「CDPサプライチェーン・アジアサミット2017」を開催いたします。
 サプライチェーンにおけるGHG排出量削減や、サプライヤーとの気候変動/水管理における協働機会の創出を考えるにあたり、ステークホルダーの皆様のご来場をお待ちしております。参加を希望される方は下記の要領でお申し込み下さい。

1.概要

日時

2017年2月23日(木) 13:00~17:00 /受付開始12:15

会場

国連大学「ウ・タント国際会議場」(東京都渋谷区神宮前5-53-70)

主催・協力

(主催)環境省、国連大学サステイナビリティ高等研究所、CDP(※)

(協力)地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)(仮)

(※)CDP は企業のサプライチェーンマネジメントを促進するために、CDP サプライチェーンプログラムを2009年から実施しております。2016年度は日本企業7社を含む全世界89社が本プログラムに参加し、自社のサプライヤーに質問書を送付しています。CDP を通して取引先企業からCDP質問書を受け取っている企業は、気候変動質問書では8200社以上、ウォーター質問書では2100社以上にのぼります。

参加費・参加人数

無料・300名

※サミット終了後(17:15~19:00)レセプションを予定しております。

会場 国連大学2F レセプションホール【参加費 無料/参加人数 100名】

2.プログラム例

①挨拶(環境省・国連大学サステイナビリティ高等研究所・CDP)

②基調講演(環境省)

③講演(高崎経済大学 経済学部教授 水口剛)

④サプライチェーンマネジメントの潮流

(CDPサプライチェーンプログラム責任者 デクスター・ガルヴィン)

⑤CDPサプライチェーンプログラム2016結果報告(CDP)

⑥企業のサプライチェーン取り組み事例(メンバー、サプライヤー企業)

⑦サプライチェーンマネジメントに対する投資家の評価

3.申込方法

下記URL上の申込みフォームからお申し込み下さい。

https://goo.gl/forms/FB87TAZOeKL453tl1


※必要事項の入力後、送信ボタンを押して「参加登録が完了しました。登録票は発行しておりませんので、当日は名刺等をお持ちください。」というメッセージが表示されたら登録完了となります。

※参加申込みフォームにアクセスできない場合には、メールにて japan@cdp.net まで、以下についてご記載の上ご連絡ください。

①御社名

②御社名カタカナ表記(株式会社、等は不要です)

③御社名英語表記(正式名称をご記載ください)

④ご所属部署名

⑤御名前

⑥Emailアドレス

⑦レセプションへの参加希望

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8249
課長   松澤 裕  (6736)
課長補佐 飯野 暁  (6721)
主査   野尻 理文 (6790)
担当   山田 薫  (6779)

ページ先頭へ