報道発表資料

平成29年1月20日
廃棄物
この記事を印刷

違法と疑われる廃棄物回収業者の指導・取締の強化に関するモデル事業の実施について

 環境省では、今年度、違法な廃棄物回収業者の指導・取締を進めるため、違法と疑われる廃棄物回収業者に対する指導・取締に関する自治体向け手引きをとりまとめ、平成29年度以降に全国の自治体に展開してまいります。その一環として、環境省が埼玉県や春日部市等と共に指導・取締の強化の検討を行う会議を平成29年1月26日に開催します。

1.目的
使用済となった家電製品等は、廃棄物処理法、家電リサイクル法、小型家電リサイクル法等に基づき国、都道府県、又は市町村から許可等を受けた事業者によって収集・運搬及び処分が行わなければなりません。しかし、こうした許可等を持たない廃棄物回収業者が家電製品等をリユース品と称して町中で回収する違法が疑われる事例があります。こうして回収した家電製品等の一部は、国内において不適正にスクラップ処理され、雑品スクラップとして海外に輸出され、国内外において環境保全上の支障が生じていることが懸念されます。

  違法な廃棄物回収業者への指導・取締の強化は、市町村単位だけではなく、都道府県・近隣市町村との連携が必要かつ効果的と考えられます。

  そこで、県、市町村、国が連携して協議体を設置し、関係者連携の上、違法と疑われる廃棄物回収業者に対する指導・取締に関する自治体向け手引きをとりまとめ、平成29年度以降に全国の自治体に展開を行い、今後の取締りに向けた支援を行ってまいります。

2.概要

(1)開催日時・開催場所
日時:平成29年1月26日(木)14:00から5分程度、冒頭カメラ撮り可

               (14:00~17:00会議(非公開)

                17:10から事務局によるブリーフィング(30分程度)

  場所:埼玉県さいたま市浦和区高砂3-12-24 埼玉教育会館1階104会議室

(2)参加者
環境省、埼玉県庁、春日部市ほか

(3)傍聴等について
会議については傍聴不可、カメラ撮りは冒頭のみとします。カメラ撮りを希望される方は当日13:55までにさいたま市浦和区高砂3-12-24埼玉教育会館1階104会議室にお集まり下さい。

3.カメラ取り申込方法
カメラ取りを御希望の方は、[1]所属、[2]氏名、[3]電話番号、[4] E-mailアドレスを御記入の上、1月25日(水)11:00までに、事務局宛にE-mail(kaishu@murc.jp)又はFAX(03-6733-1028)でお申し込みください。当日は本人確認のための身分証をご持参下さい。また、会場の定員の関係上、希望多数の場合には先着順とさせていただき、お断りする場合がございます。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)環境・エネルギー部
担当:俵藤、大澤、加山
〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2
TEL:03-6733-1023、FAX:03-6733-1028
E-mail:kaishu@murc.jp

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室
直通   03-5501-3153
代表   03-3581-3351
室長   田中 良典 (内線6831)
室長補佐 森田 有一 (内線6834)
室長補佐 長谷 修  (内線7863)
担当   川野辺 奨 (内線6821)

ページ先頭へ