報道発表資料

平成28年11月15日
自然環境
この記事を印刷

エコツーリズム推進法に基づく全体構想の認定について「てしかがスタイルのエコツーリズム推進全体構想」

エコツーリズム推進法(平成19年法律第105号)第6条第1項に基づき、北海道弟子屈町から主務大臣(環境大臣、国土交通大臣、文部科学大臣、農林水産大臣)宛にエコツーリズム推進全体構想の認定に係る申請書の提出がありました。これを受け同法第6条第2項各号の基準に適合するとの判断から認定しました。今回の全体構想の認定は、全国で8番目となります。

■エコツーリズム推進全体構想の概要

○名称 てしかがスタイルのエコツーリズム推進全体構想

○認定日 平成28年11月15日(火)

○協議会名 てしかがえこまち推進協議会

(弟子屈町、弟子屈町教育委員会、弟子屈町商工会、弟子屈町自治会連合会、

(一社)摩周湖観光協会、摩周湖農業協同組合、(株)弟子屈町振興公社、てしかが郷土研究会ほか)

○エコツーリズムを推進する地域

 ・弟子屈町域全域

○主な自然観光資源

 ◇自然環境に係るもの

 ・エゾシカ、ヒグマ、オオハクチョウ、オジロワシなどの鳥獣

 ・ハイマツ、ダケカンバ、マリゴケなどの植物

 ・摩周湖、屈斜路湖、硫黄山、釧路川、川湯温泉等の地形・地質、自然景観

 ◇風俗慣習そのほか、伝統的な生活文化に係るもの

 ・青葉トンネル軌道跡、アイヌ文化等の史跡・伝統文化

○主なエコツアー

 ・歩くツアー               

 ・水を活用したツアー(カヌーなど)

 ・雪を活用したツアー(スノーシューなど)

 ・星空を活用したツアー

 ・雲海を活用したツアー  

 ・乗馬によるツアー

■認定書の手交について

 ・日時 平成28年11月19日(土) 10:50~ (予定)

 ・場所 北海道弟子屈町 川湯ふるさと館

エコツーリズム推進法に基づく全体構想認定状況(平成28年11月現在)

No.

市町村名

全体構想の名称

認定日

埼玉県飯能市

飯能市エコツーリズム推進全体構想

平成21年 9月8日認定

平成27年 1月16日変更認定

沖縄県渡嘉敷村

座間味村

慶良間地域エコツーリズム推進全体構想

平成24年 6月27日認定

群馬県みなかみ町

谷川岳エコツーリズム推進全体構想

平成24年 6月29日認定

三重県鳥羽市

鳥羽エコツーリズム推進全体構想

平成26年 3月13日認定

三重県名張市

名張市エコツーリズム推進全体構想

平成26年 7月9日認定

京都府南丹市

南丹市美山エコツーリズム推進全体構想

平成26年11月21日認定

東京都小笠原村

小笠原村エコツーリズム推進全体構想

平成28年 1月28日認定

北海道弟子屈町

てしかがスタイルのエコツーリズム推進全体構想

平成28年11月15日認定

添付資料

連絡先
環境省自然環境局国立公園課国立公園利用推進室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8271
室長  :堀内 洋 (内 6641)
室長補佐:中島治美 (内 6642)
担当  :原澤 修 (内 6647)

関連情報

関連Webページ

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ